Pain Management Network(日本語版)
5月は原稿を2本依頼されて、原稿書きに追われてしまった。
やっと締め切りに間に合わせたと思っていたら、もう6月半ば。
残された雑務を片付けなければならなくなった。
思えば、ブログともご無沙汰である。また、ボツボツと書きはじめなきゃ!

オーストラリアのニュー サウスウェールズ州保健省が制作している”Pain Management Network”というサイトがあり、それを「日本語版」で読める。
特に「みんなのために」というページから、慢性痛を抱える患者さんへのアドバイスが書かれている。

原文を、そのまま日本語に翻訳したものだから、日本人には馴染めないことや習慣の違いなどを割り引いて読んでも参考になるだろう。
慢性痛患者の体験的なエピソードが、1~7まで紹介されている。
そのテーマは、次の内容である。

エピソード1「痛みの紹介」
エピソード2「医療チームの援助を得る」
エピソード3「痛みと身体活動」
エピソード4「痛み:ライフスタイルと食事」
エピソード5「痛みと薬の役割」
エピソード6「痛みと思考」
エピソード7「痛みと睡眠」

例えば、エピソード7の「痛みと睡眠」は、眠れない人、寝付けない人へのアドバイスが書かれている。痛みを抱える人には、睡眠障害を併せて抱えている人が少なくない。

寝不足は痛みを悪化させるし、逆に痛みは眠りの質も悪くするという悪循環に陥りやすいものだ。
かといって、睡眠薬の服用は、必ずしも問題の解決にはなりえない。
不眠症はうつ病や気鬱症状とも関わっている。
布団に入ってから、「今夜は眠れるだろうか、やっぱり眠れないだろうか」と考えるのも「眠りとの闘い」モードに入ってしまい、神経系は更に興奮状態になる。
お酒に逃げるのも考えものだし、コーヒーなど刺激作用のある飲食も就寝前には控えるべきだろう。
日中に定期的な運動などでエネルギーを消耗しておくのは、良い手かもしれない。

「夜によく眠れるようにするために、できることは何でもするべきです」と語る。
疲れを取ってエネルギーを補充し、翌日に備えるのは睡眠なのだから。

最近の研究で分かったこと、それは脳内のリンパ系が睡眠中に脳から老廃物を排出する働きをしてるというものだ。この作用は「グリンパティック系」と呼ばれている。

「脳は睡眠中に「ゴミ捨て」をしている…米グループが実証

脳のリンパ系である「グリンパティック系」は、睡眠中に活性化するのだ。
この記事も、参考になる。
[PR]
by m_chiro | 2016-06-13 18:45 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/25699594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「見る」と「観察」すること 新緑の森と庄内平野(眺海の森) >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ