アトピー性皮膚炎に「ワセリン」で予防可能だとしたら朗報だね!
「アトピー性皮膚炎のメカニズム、理研が解明 ワセリンで予防の可能性」
「ITmediaニュース」からの記事。

理化学研究所の研究報告によると、アトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止めとした。
ワセリンを塗ると発症を予防できる可能性があるらしい。
本当に予防効果があれば、アトピー性皮膚炎の患者さんには朗報である。
ワセリンの純正ものでも安価に手に入るので、試してみるといいかもしれない。
それが新たな治療法や予防法の確立につながれば、ステロイド剤に頼るよりずっと安全・安心な方法になる。

記事の図表をみると確かに有効なように思える。
c0113928_9304912.jpg

c0113928_9311086.jpg


あくまでも、実験報告はマウスでのものだが、人のアトピー性皮膚炎にも効果的であってほしいものである。

引用
 アトピー性皮膚炎を自然発症するマウスを作製し、病気の原因となる遺伝子変異を調べたところ、細胞の増殖や分化に必要なたんぱく質「サイトカイン」を伝達する「JAK1」分子の遺伝子配列に突然変異が生じていることを発見した。JAK1の異常が角質をはがす酵素「プロテアーゼ」にも影響し、角質による保湿効果が低下することで、アトピー性皮膚炎を招く――というメカニズムを解明した。

 こうしたマウスの表皮に、JAK1の働きを阻害する薬剤や、保湿効果を高めるワセリンを塗布したところ、発症を遅延・予防できた。発症前に皮膚バリアの破壊を防ぎ、角質の適切な新陳代謝を促すことがアトピーの予防につながることが分かった。


JK1遺伝子が鍵のようだが、遺伝子よういんだけではない複合的な問題が指摘されてもいる。
更なる、研究の成果を期待したいものである。

(この研究成果は、米科学雑誌「Journal of Clinical Investigation」(電子版)に現地時間4月25日付で掲載された。)
[PR]
by m_chiro | 2016-04-28 09:37 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/25554418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 玉簾(玉簾)の滝 春本番! >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索