3月13日(日)はセミナー講師の日
以前から依頼されていたJSC東日本支部主催で、3月13日(日)に東京でセミナーを行うことになった。
3月13日は、セミナー講師の日だ。
主に技術講習なので参加人数が限定されている。
テーマは「身体フロー現象からみた軸停滞リリース」
私が近年温めてきた「Somatic Flow Therapy;身体フロー療法」のイントロダクションを行おうと思う。
カイロのコンセプトの延長線から話を進めてほしい、という要望だった。
そこに無理があったら、その技術のコンセプトも違ったものになるからということだろう。

カイロプラクティックの臨床では、主に動力学的あるいは生体力学的視点で身体を診ることが主流だった。
近年、神経学的視点が重要視されるようになり、多くの治療家が神経学を学びだした。
神経学は重要である。カイロプラクティックの創世期には、神経系の調節に
だが、人は神経の塊というわけではない。

神経学者であり神経科医でもあるアントニオ・ダマシオは、「無意識の脳 自己意識の脳」の中で、脳神経に関する思考の実験を紹介していた。
たしか、脳神経系を培養液の中で生存させることができたとして、人としての素質や能力が成長できるとは思えない、という内容だったと思う。

人は、いくつものサブシステムが並立して機能しているということだろう。
神経系もその一つにすぎない。
どこがそれらのシステムを統合するのだろうか、大いなる関心事だ。

今回のセミナーで行う視点は、どちらかといえば生物学的視点になるだろうか。
だからと言って、生物学的視点が優れているというつもりではない。
生体力学的であれ、動力学的、神経学的、そして生物学的であれ、これらは少なからず相関している。
だからどの視点が優れているという話ではない。
人のサブシステム系を統合するのはどこだろうか、という拭えない疑問を抱えながら、生物学的に診るという引き出しも模索したいと思うからである。

アジャストメントのカイロの手法も、力度を極力抑えてスピン・タッチ/合わせたベクトルの中にバリアを探す/バリアに感覚タッチを行い、そこをモニターしてアジャストの種別を決める、
刺激は力度を抑えて行う方法を使う。
受け入れてもらえるだろうか分からないが、そんなワークショップにしようかと考えている。
[PR]
by m_chiro | 2016-02-22 09:49 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/25328311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天候の変化が痛みや鬱症状などに... 脳の起源は5億年前に! >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ