神経根症状を重篤な疾患だと思わないこと
腰痛のエビデンスレビュー(ロンドン、一般開業医のロイヤルカレッジ)によれば、神経根症状とされる次の症状は「グリーンライト(自己限定疾患)」と評価されている。

「グリーンライト」というのは6週間以内に50%の患者さんが回復すもので、緊急性のある疾患ではない、とされる症状とされる。

その神経根症状とは、次の5つの症状である。
1.腰痛より重篤な一側性の下肢痛がある
2.足やつま先に放射する痛みがある
3.同じ方向へのしびれと知覚異常がある
4.SLR(下肢伸展挙上テスト)で下肢痛が再現される
5.局所的な神経症状がある


これらの症状は、一般的に最初の4週間は専門医への紹介が必要ではない。
したがって画像検査の必要性もない

そのように評価されている。
過剰に不安に思わないこと。
[PR]
by m_chiro | 2016-01-21 12:16 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/25208191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< SLRテストもX線写真も、椎間... なぜ炎症徴候が慢性的に続いたり... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ