「ニセ医学」
「日経メディカル」が連載する「 医師1000人に聞きました」から、昨年12月17日の記事医師3322人に聞く「ニセ医学」前編:「ニセ医学」と聞いて思い浮かぶのはアレ: 「現代医学とニセ医学は紙一重」?

最近でも、Ⅰ型糖尿病の少年(7歳)が怪しい霊療法を信じてなくなる、という事件が起きたばかり。
これは子供というよりは親が信じたわけだが....。
こうした怪しい方法を、さも医学的と印象づけて行われているのを「ニセ医学」というらしい。
「日経メディカル」に糟谷彩さんというジャーナリストが記事にした。

この言葉を最初に用いたのは内科医・NATROM氏(ブロガー名;「『ニセ医学』に騙されないために」の著書がある)なのだろうか。
「ニセ医学」を定義して、「医学のふりをしているが医学的な根拠のない、インチキ医学のこと」としている。

おもしろいのは医師1000人の「ニセ医学」イメージ・ランキング

c0113928_1229186.jpg


サプリメントの広告は、確かに過剰である。
中でも1位が、広告過剰なサプリ・健康食品。
グルコサミンで、コラーゲン、ヒアルロン酸と続いて指摘された。
要するに、効果の確証がないにもかかわらず、さも効果絶大のような印象で人々の脳裏に入り込んでいる。
このランク1位は、さもありなん、である。

2位が「がんもどき理論」。
近藤誠医師らの主張を指しているものと思われるが、それ以下の指摘と比べても、この位置につけたのは意外だった。
この論点には難しいものがあるのだろうなぁ~…。
5位の「癌の免疫治療」。
なんと癌関連を「ニセ医学」とする印象が、回答者の6割を占めているわけで、癌の課題はまだまだ悩ましいものがあるのだろう。

面白く読んだ記事だった。
[PR]
by m_chiro | 2016-01-07 12:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/25154490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新年早々に嬉しかったことランキング 謹賀新年2016 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索