「カイロ動態学」ワンポイントMEMO ①亜脱臼とサブラクセーションの違い?
「亜脱臼(サブラクセーション)」とカイロプラクティックの「サブラクセーション」は、どこが違うのだろう?

カイロプラクティックにおける「サブラクセーション」の用語は、カイロの根幹をなす重要な概念を含んでいる。それでもカイロプラクティック百数十年の歴史の中で、「サブラクセーション」は多くの関係者によって色づけされ、意味づけされてきた。
そのため同義語の数も100を下らない1)。
中には「サブラクセーション」という用語をカイロの概念から排除しようとする極論もある2)。

カイロプラクティックが日本に伝わって、最初に受けた受難もやはりサブラクセーションの訳語だったのかもしれない。
当時、日本でカイロを紹介した先駆者たちは、サブラクセーションを外科領域で用いる「亜脱臼」と訳したのだ。
医科系の用語に従えば、確かに「サブラクセーション」は「亜脱臼」と訳されている。
だから英語圏では当然、「亜脱臼」の意味で使われている。さてさて困ったことだ。
私も初学の時代、「亜脱臼」という訳語でサブラクセーションを習った。
カイロの「サブラクセーション」は、外科領域で用いる「亜脱臼」と同義語なのだろうか。

関節には、いくつもの種類がある3)。
c0113928_12295874.jpg

外科領域で起こる亜脱臼(サブラクセーション)は、図のような関節に起こる損傷を意味している。
ところが、カイロラクティックは脊椎にみられる椎間関節の問題を取り上げて、それを「サブラクセーション」と表現した。
椎間関節は、「平面関節」の関節種類に相当する。
この関節には、亜脱臼は起こりにくい。

平面関節は、二つの椎間関節面が平面的で相互にずれように動く運動を行う。
頸椎は7つの椎体がつながっていて水平方向や回転運動が可能ではあるが、亜脱臼や脱臼を起こすような外力が加われば骨折を伴う損傷になりかねない。
ましてや仙腸関節は不動関節とみられている。
したがってカイロプラクティックの「サブラクセーション」は、脊椎や仙腸関節に限定した現象を想定しているわけで、椎間関節の亜脱臼を考慮に入れているわけではない。
それでもカイロプラクターは、脊椎のみならず身体に300ほどある関節すべてをアジャストの対象とする4)。
だから、脊椎に限定的したアジャストをしているわけでもない。

いったい、カイロプラクターがアジャストする関節の現象とはなんだろう。
そこに「アブラクセーション」の本来の意義があるのだが、ややこしい用語を採用したものである。
だから、この用語を排除しようとする動きも消えないのだろう。

1)「カイロプラクティック サブラクセーション」メリデル・ガッターマン原著、2003エンタプライズ刊
2)「カイロプラクティック・コンセプト」ひとり語り(1)http://mchiro.exblog.jp/19647615/
3)「人体解剖学」藤田恒太郎著、南江堂、2009改訂第42版
4)「エッセンシャル・カイロプラクティック・哲学」バージル・ストラング著、1997、科学新聞社刊
[PR]
by m_chiro | 2015-11-13 12:33 | 動態学 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/24932794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冬を迎える近況 左背外側前頭前野の機能低下と扁... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索