腰が痛くて動けない…!、実は感染症だった
50代の主婦が、御主人の肩にもたれて、やっとのことで来院した。
2週間以上も前から腰に違和感を感じていたが、5日ほど前から悪化していった。
私のところに予約の電話を入れたが、学会に出席していて臨時休診だった。
我慢できずに整体治療院でみてもらったそうだ。
ところが状態は悪化するばかりで、ついには朝起きあがるのに20分もかかる羽目になった。
起きあがると、身体が歪んで真っ直ぐに立てない、歩けない。
寝てるほかないが、それでも痛い、つらい。
そんな状態で、休日開けに治療にみえたのだった。

とりあえず治療ベッドに寝てもらって、聞き取りを行った。
腰痛で思い当たる原因らしきものもない、と言う。
身体をみたが、どう観ても腰に問題があるようには思えない
一番気になったのは胸廓が捻れて固着していることぐらいだった。
相対的に腹腔と腰部のトーンが低下している。

風邪でもひいた?
「風邪はずっと治りきっていない感じで、治りかけると、また孫からうつされる。だから、ずっと風邪気味状態」なのだそうだ。
咳も熱もなく、鼻かぜのような状態だという。

熱は何度くらい?
「37度切れるくらいだと思う」
風邪が長引いて、身体全体が弱っているんじゃないの。
腰痛は、きっとそんな体の表現なのだろう。腰に問題があるとは思えない...。
「でも腰が痛くて動けないのに……」、と不満そうだ。

Dr.Langの自己免疫疾患療法(L.A.S.T.)で用いる検査用液の寄生ウイルス類に、筋のトーンが抑制的に反応する[混合パラサイツ(+)、7ウイルス(+)、エプスタインバール(+)、ヘルペスⅡ(+)]
その過敏性を解消して、胸郭をリリースし腹腔部との緊張度のバランスを調整した。
加えて、前後/水平/回旋軸における軸停滞を下腿からリリースした。
これで様子を見ることに…。

翌々日に、朝一番でみえた。
今度は、一人で歩けるが、杖をついて治療室に入ってきた。
どうしたの?
「腰は楽になってきたけど、今度は機能の夜に下腹部が痛んで、朝には左の膝が腫れて歩けなくなった。杖をつかないと歩けない。何をしたわけではないのに…」
確かに膝が腫れている。

あなたの平熱はどれくらいあるの?
「35度5分前後かな…」
それじゃ37度以下でも、あなたにとっては熱があるってことじゃないの!

迂闊なことに、患者さんの申告をそのまま受け入れてしまった。
ここではじめて体温を計った。37度3分ある。感染症だろう。
このまま病院での検査をリクエストした。

翌々日、検査結果表を持参して、また治療にみえた。
白血球↑、赤血球↓、CRP↑、尿検査でも細菌混濁がある。
抗生剤を処方されて、「随分と楽になった」ようだ。
膝の腫れはまだあるが、ひとりで歩けるようになっている。

「あの腰の痛みは何だったんだろうと思うほどに、腰の痛みはなくなった。これからは風邪を侮らないようにします。あまり辛くて、このまま死ぬんじゃないかと思いました」。

「かぜ症候群」は「鼻かぜ」に重点が置かれているとされているようだが、今回の患者さんもいわゆる風邪症状は潜伏的に推移した。
ところが身体内部では細菌が繁殖していき、ついには筋や関節もターゲットにしたのだろう。
もっと早い機会に治療にみえていたら、早くに身体を立て直すことができただろうに、と思う。
重篤な疾患ではなくて、先ずはホッとした症例だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-10-26 10:31 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/24858225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 左背外側前頭前野の機能低下と扁... 徒手医学会2015に学ぶ 「... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索