花粉症にも喜ぶべき利点がありそうだ
東京大学の小西祥子氏が、「Clinical & Experimental Allergy誌」(オンライン版2015年9月14日掲載)した報告によると、花粉症患者にも喜ぶべきことがありそうだ。

「アレルギー持ちのミドル~シニア層はがん・全死因死亡が低い?」

花粉症などのアレルギー疾患の患者さんは、免疫機能に影響を及ぼして、死亡に関する特定の原因に対して保護的に作用しているらしい。

特に中・高齢の年齢層でのアレルギー持ちは、全死因死亡例の中で癌による死因死亡の割合が低いという。

この研究は、「こもいせコホート疫学研究」データを使用して行われている。
群馬県の2エリアに住む40~69歳の住民が、1993年から登録されて、2000年のフォローアップ研究から得られた花粉症の情報を基に、2008年12月までの死亡・転居情報を通して花粉症と死亡率の関係を調べている。

結果は、調査対象の12%(8,796例中1,088例)に花粉症の症状がみられた。
フォローアップ期間中の全死因で748人が死亡、そのうち外因性が37人、心血管性208人、呼吸器疾患で74人、悪性腫瘍329人の割合であった。

その中でも、花粉症患者では有意に全死因死亡の割合が低かった。

潜在的な交絡因子を調節した後、花粉症を有する患者では有意に全死因死亡の割合が低かった(ハザード比:0.57、95%CI:0.38~0.87)。
また、悪性腫瘍による死亡も同様の結果であった(ハザード比:0.48、95%CI:0.26~0.92)。

私も花粉症に悩まされるが、ちょっと苦しんだ分、喜んでもいい研究情報かな?
アレルギー持ちの人も、たまには喜んでもいいのかも...。
[PR]
by m_chiro | 2015-10-07 09:38 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/24778210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 徒手医学会2015に学ぶ 「... 発症要因は多様である >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索