部分と全体(幸田セミナーに学ぶ)
九州カイロプラクティック同友会の夏期合宿(7.25~26)に参加するために、会場となった大宰府に出かけた。折しも台風が接近中で、心配しながらの出発だった。

テーマは、「顎口腔系とその繋がり:Cranio-Mandibler Biodynamics:Part4」である。
歯科医師・幸田秀樹先生のセミナーで、今回は4回シリーズの最終回。
c0113928_23532786.jpg

セミナーは総集編ともいえる内容で進み、顎口腔系に対するテクニカルな内容がたくさん盛り込まれていた。
幸田秀樹先生は歯科医師であるが、徒手療法にも精通していて、その技量にも圧倒されるものがある。
的確で巧みな手技療法を織り交ぜてのセミナーとなった。

幸田先生が追及されていることは、部分と全体の繋がりにあるようだ。
身体の部分としての顎口腔系が、全身的な機能とどのように関連しているのかということである。
それを見事に披瀝したのが、昨年のカイロプラクティック徒手医学会(金沢大会)だった。
幸田先生はワークショップを担当されて、多くの参加者に感銘を与えてのである。

姿勢の変化、顔の変化、不定愁訴の変化など、さまざまな全身的な変化を写真で紹介されたのだったが、これにはカイロプラクターもあらためて驚かされたに違いない。

顎機能の器質的な問題に対しては歯科医師として手法対応をされ、機能的な問題には徒手療法でも対応するという。歯科医師としては稀有な存在だろう。

顎口腔系は、食を摂り、それを咀嚼し飲み込むだけの作用にとどまらない。
呼吸や発語など多岐にわたる機能を受け持っている。
そのことを解剖学的、発生学的、神経学的に読み解いて、その障害が全身の筋膜や筋、関節などにも波及して姿勢運動制御系に影響することを、様々な角度から検証を試みられたのである。
例えば、アキレス腱の緊張や橈尺関節の不安定性を、顎機能を調節することで変えてみせたりした。
c0113928_23545387.jpg

お互いに練習を繰り返し、顎口腔系という部分が全身的に繋がる影響を確認しながら、とても有意義なセミナーであった。

それでも、手技として我々が貢献できる範囲は、機能的要因による障害に限られてくる。
どうしても咬合などの器質的要因は、全身的な繋がりを知る歯科医師や口腔外科医の技量が必要になる。
幸田先生のような歯科医師と身近に接し、先生の歯科領域の考え方を拝聴できたことも有難い時間であった。

(続いて、私がモデルになって経験した奇妙な感覚を紹介しよう.....。)
[PR]
by m_chiro | 2015-07-31 00:09 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/24471223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 奇妙な体験(幸田セミナーに学ぶ2) トリガーポイントなどの鎮痛に介... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索