奇妙な体験:身体枠は伝搬する!?
○○先生のセミナー(7.5~6)で、奇妙な体験をした。
「身体枠を創る」のワークで、○○先生がデモをして見せてくれた。
私の練習相手になっていたT先生がモデルになる。
立位のT先生を前後左右から押すと、彼の身体がぐらつく。
○○先生が、その身体に身体枠を創るワークを行った。

すると、彼の身体をグラつかせるように押しても頑強になっていてブレない。
ボディにパンチを入れても、蹴りを入れてもブレない。

そんな身体枠が創られたT先生と私は、お互いに身体をぶっつけ合った。
体当たりをするようにぶっつけた。
上腕部から横にパンチを入れるように叩いてみた。
お互い、そんなことをしながら身体のブレ方を観てみたのである。

T先生の身体は頑強にブレない。
そんなことを確認し合っているうちに、私の身体もブレなくなった。

終わってお昼の休憩になり、2人でお弁当を買いに近くのスーパーまで歩いて出かけたのである。
歩いているうちに、二人で「アレッ…」と思った。
歩行がシンクロしている。
並んでも、前後になっても、同じリズムの歩行になる。
テンポをずらしても、また同調する。
まるで軍隊の行進のように見事にシンクロする。
二人で顔を見合わせて、おもわず笑ってしまった。

身体枠は伝搬するのだろうか。
なんとも奇妙な体験だった。

治療でも、無駄な所作や刺激がとても少なくなってきて簡略になっていくのを感じている。
これも、治療者と患者さんのシンクロナイズの顕現化なのだろうか…..。

よくわからないが、とても奇妙と言うか、面白いと言うべきか、不思議な体験だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-07-11 14:05 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/24384148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 身体バランスと競技パフォーマン... 「結果オーライ」か、合目的な所... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ