ピロリ菌のメッセージを聴け!
胃の中は塩酸よりも強酸状態である。
そんな環境の中で菌類は生息できない、と誰もが信じて疑わなかった。
ところがピロリ菌なるものが発見された。1979年のことである。
ピロリ菌を発見し、胃潰瘍や胃がんとの因果関係を証明したロビン・ワレン博士とビリー・マーシャル博士が、その功績によりノーベル賞を受賞したのだった。
ピロリ菌と胃がんとの因果関係の証明に貢献した、もう一人の功労者であるマーチン・ブレイザー博士が、最近本を出版したという。“Missing Microbes”(失われた細菌)という本である。
c0113928_18284688.jpg

翻訳本が間もなく刊行されるらしいが、それに先立ちニュースになっていた。

その話題の内容に驚いた。
ピロリ菌を除外すると、胃がんのリスクは減るが、逆に食道がんのリスクが高くなる、というのである。
今や、WHOも「ピロリ菌を第一級発がん微生物」としている(1944)のである。
もはや定説になっているピロリ菌を、病原菌ではなく共生菌としての働きを説いている。

ブレイザー博士自身が、ピロリ菌を除菌する手法確立のために自分自身を実験台にしたのだったが、その後は逆流性食道炎に悩ませることになった、という体験に基づいて警告を発しているのだという。

「ピロリ菌は病原菌ではなく共生菌(1) ピロリ菌を除菌すると食道がんに」

ピロリ菌が起こすマイルドな胃痛は、私達の免疫細胞に、胃の状態が芳しくないことを伝えるメッセージだったんです。免疫細胞は、ピロリ菌からのメッセージを受け取ることで、胃液の量を増やしたり、減らしたりして、塩酸よりも強い胃液が胃粘膜をやぶり胃壁を傷つけることを防止しているのです。

ピロリ菌が起こすマイルドな胃痛が起きた時に、私達がすべきことは、ストレスを解消し、暴飲暴食などの不摂生を止めることです。胃薬を飲んで痛みを無理矢理に抑えてしまうことではないんです。


その内容を、次のように図にまとめてみた。
c0113928_18291143.jpg

[PR]
by m_chiro | 2015-06-19 18:30 | Books | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/24282920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 典型的な「上後鋸筋TrP徴候」の症例 盟友・荒木徹先生逝く >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索