もう一つの視覚経路-新生児は見えている? それとも見えない!-
出産の1週間前まで治療にみえていた妊婦が、新米ママさんになった。

「安産だったね」と産院スタッフに言われたらしいが、大きな赤ちゃんで、本人にはそんな自覚はなかったようだ。

それでも新米ママさんとして、家族の助けを得ながら元気に奮闘中である。
先日、顔を見せに来院した。
その時の話である。

「赤ちゃんは、まだ目が見えないんですよね。でもじっと見つめられると、見えてるんじゃないかと思えるんですよ。ニコッと笑ったりもするし...」
というわけで、視経路には2つのルートがあるという話である。

通常、神経学的に赤ちゃんは視覚が未発達で明暗が分かる程度のようだ。
その視覚の未発達とは、視覚の脳回路のうちの一つで、通常われわれが使っている回路である。
それは網膜-視神経-視交差-視索-外側膝状体(神経核)-視放線-後頭葉大17野のルートで像が結ばれる回路だ。
下の略図の経路になる。

c0113928_17384874.jpg


もう一つは、外側膝状体を通らない次の経路である。
網膜から上丘に伝わり、そこでぼんやりとした瞬時の像が投影されるルートが分かっている。
上丘からは視床枕、偏桃体へとつながるルートで、副視索核も含んでいる。
c0113928_17404116.gif

このルートは外側膝状体を通らないので「膝状体外系:非膝状体系」と呼ばれているようである。

次の「視経路・視路」のサイトに詳しい解説がある。

確かに新生児では、本来の膝状体系の視覚路が未発達かもしれないが、もう一つの回路(非膝状体系)を使って、単に明暗だけでなく「ぼんやりとした像」を見ているのではないだろうか。

この回路は偏桃体という辺縁系の部分に信号が送られている。
とすると、非膝状体系はもっとも本能的な視覚を受け持っていて、快・不快の情動系に直接関わっているのかもしれない。

赤ちゃんの「快・不快」反応も、この視覚系が関与している可能性がある。
そして、実はこの回路こそが原初の視経路であり、本来の経路と思われていた外側膝状体系は、進化と共に後天的に獲得したし経路と言えないだろうか。

道路に無造作に放られているロープを蛇と思い過ごして竦んだり、運動系の本能的な対応にも、この原初の信号系のルートが先立って発信しているのだろう。
すべてを神経学の理解で当てはめることのできないものが多々あるようだ。
[PR]
by m_chiro | 2015-05-29 17:51 | 「神経学」覚書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/24181485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「タキタロウ祭り」(5.31) 特異点としての膜系(「虚実皮膜... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索