春よ来い!
3月21(土)~22日(日)の連休は勉強会に出向いた。
飛行機は満席でチケット取れない。結局、新幹線と乗り継いで電車で出かけたが、これも指定席を最後の一枚でどうにか取れた。
進学に就職、転勤など、移動のシーズンだもの当たり前の事態だな。

若い人たちに混じって勉強すると大いに刺激になる。
若い人たちが、どのように考え、どんなところに関心があり、何に注目しているのか、
自分の時代と重ねて振り返ってみると、その変化を感じる。
また、変わらぬテーマも見えてくるものがあった。

東京駅は北陸新幹線の開通もあってか大混雑だった。
構内を歩いていても人ごみにぶっつかってしまう。
桜も、開花宣言をしたようだ。
東京はもう春だ。

ところが帰宅したら酒田はまだ冬。しかも暴風雪、時に吹雪。
翌日も真冬日のような降りようで、アッという間に真っ白になった。
お彼岸を過ぎて、まだ真冬日になる。

さて、山形県の母なる川である最上川で取れる「モズクカニ」は、秋から冬にかけての庄内の旬の食べ物である。
それも、もうそろそろ終わるというので、最後の「カニ汁」を食べに出かけた。
モズクカニのカニ汁が市場に出なくなれば、冬は終わりである。
c0113928_22452871.jpg

(写真は夕暮れの最上川)

昭和天皇が最上川を詠まれた。
「広き野を 流れゆけども最上川 海に入るまで濁りざりけり」(昭和天皇御製)は、山形県民歌になった。

こんな曲がつけられている。



モズクガニは海で生まれて川で成長する。
そしてまた海に出て産卵する習性のカニで、川蟹では日本最大とか。
上海ガニの仲間である。
味も極上だ。

c0113928_2253229.jpg

c0113928_22534155.jpg

庄内では、すり潰しあるいは叩き潰してお湯に入れ、笊などで漉して殻などを取り除く。
それを味噌仕立てでカニ汁にするのだ。
ねぎを入れて、七味をかけて「カニ汁」にする。
これが旨い! うまい!!

カニ汁をすすりながら願うこと。
「春よ来い!」
[PR]
by m_chiro | 2015-03-24 22:35 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/23768807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 慢性腰痛への過剰診療、後戻りで... 「現象」と「潜象」の相関にかか... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索