「50肩ですか…?」、遠隔部位から刺激で著効の症例
「50歳になったと思ったら、右肩が挙がらなくなった。これって50肩ですか?…」

以前から右肩から腕が重苦しくなって、50歳になった途端に挙がらなくなってきたようだ。
右の第2~3指に力が入らない感じで、右の顔面の感覚も鈍い感じがする。
眠りも浅くなって、汗がどっと出たりするようになった。
「更年期障害なんでしょうか?…」
こんな訴えで中年女性が治療にみえた。

可動域を見ると、外転90度、屈曲140度ほどで痛みがあり、運動が制限される。
関節の拘縮はみられないので、機能的な問題だろう。

隔膜系と心膜系をリリースして、頸部の右側屈とそれに伴う頚神経節周辺の緊張を解放した。

さて、立位で右肩の可動域を確認するとまだ痛みが残るようだ。
「やっぱり痛い! 挙げられない!」

その位置から傾聴すると、右の足背部にテンションがある。
右足背部をみると、どうも第4中足骨近位端周辺に続いているので圧痛を探してみた。
ジャンプ兆候のあるポイントがある。
そこを圧迫しておいて、右肩を動かさせてみた。

すると、
「あれっ! 挙がる! なんで??…」

図の赤○のあたり、経穴で言えば、「臨泣」というところだろうか。
c0113928_1642446.png

そこに皮膚考学研究所の刺さない鍼「ピソマ」を貼付しておいた。
遠隔刺激で顕著な改善を示した症例だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-10 16:07 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/23469074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「パガニーニ愛と狂気のバイオリ... 少女の思春期を早めている原因は? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索