[自律神経系」覚書❷
❷交感神経と痛みは、切っても切れない関係

例えば、腰痛がだいぶ良くなったと思っているうちに再発したり、激化したり、反復する患者さんも少なからずいる。
それでも、おおよそ90%の急性腰痛の患者さんは6カ月以内に治癒する、というステートメントがある。
ほんとに急性の腰痛は通常6カ月で90%が回復するのだろうか?

しかしながら、その提言に反論する前向きコホート調査の論文も出されている。
[Prognosis in patients with recent onset low back pain in Australian primary care: inception cohort study:BMJ 2008;337:a171, doi: 10.1136/bmj.a171 (Published 7 July 2008)]
追跡対象973例(平均年齢43.3歳、男性54.8%)の、オーストラリアにおけるコホート調査である。
その調査によると、1年以内でも7割ほどの改善率でしかはない。
c0113928_1194312.jpg


急性痛か慢性痛かの見分けは、患者さんの訴えに見合う障害があるかないか、を確認することなのだろう。
そこに原因となる障害部位があれば、いくら痛みが長期化していてもそれは急性痛として対応しなければならない。
障害部位を回復させることに、まずは専念すべきであるということだが、慢性痛症と診断された患者さんでも少なからず急性痛の部分を持っている。
つまり混在している。
あるいは痛みが自己持続性に存在するとしたら、そこに関わる要因を広く考えるべきなのだろう。

こうした痛みの自己持続性に関わる可能な要因とは何だろう。
第一に思い浮かぶのは「交感神経の活動」である。
痛みは交感神経の活動性を増す。
したがって筋の緊張性も増加する。

交感神経からの入力は、α運動ニューロンの興奮性を高めることになる。
あるいは細動脈の血流を阻害する。
こうして痛みの悪循環が始動することになる。

筋スパズムによる痛みは、筋収縮が持続性に起こった結果である。
後角への興奮性の入力が続いているのだろう。
もしも分節性の抑制が行われなければ、それでも痛みのサイクルは持続するだろう。

あるいは脊髄より上位ニューロンからの抑制が減少していても、やはり興奮性入力は続くことになる。
痛みの自己持続性は、神経のみならず筋組織にも可塑的変化が起こる可能性を示唆するものである。
だから痛みは早急に除去しなければならない、とする理由にもなるだろう。

c0113928_11112016.jpg

痛みの循環経路図では、そのルートのどこからでも痛みを遮断することができる。
もしも痛み症状が残されたままに置かれると、どうなるのだろう。
除去されなかった痛みは、再悪化、再激化する可能性を秘めている。

なぜなら不完全な鎮痛が残れば、交感神経の興奮が抑制されない状態も残るからだ。
それで再びスパズムが起こる火種となる。

中途半端に残された痛みによって、交感神経の興奮が自分自身の中で続くことになるというわけである。
痛みの自己持続性は、交感神経の興奮が続く限りトリガーにもなるということだろう。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-13 11:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/23328769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 自律神経・覚書❸「脳の冬眠」と... 謹賀新年2015 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索