睡眠は脳の「清掃・修復」の作業員!
眠りには「質」が重要だとする論文から。
オックスフォード大学での研究報告。
「睡眠の質が低いと脳が縮小する」

不眠、入眠障害、夜間覚醒など、夜間に良質な睡眠がとれないことが続くと、脳灰白質の縮小と関連する可能性があるという。
平均年齢54歳のノルウェー人成人147人を対象にした調査から分かったこと。
調査は約3.5年経過後の脳スキャンの画像による比較からの結論である。
被験者が眠るまでの時間は平均20分、一晩の睡眠時間は平均7時間であった。

にもかかわらず、睡眠の質が悪い被験者では、前頭皮質の一部に委縮がみられた。
そうなると推論、計画、問題解決、記憶などが低下する可能性があるという。
認知症の発症にも影響するのかも。

睡眠は「時間」が短いことよりも、「質」の悪さに問題がありそうだ。
c0113928_11584971.jpg

(写真の爆睡猫は「国東半島へ②富貴寺」の記事より)

特に60歳以上になると強い関連性があるらしい。
これまでも、脳の委縮と記憶力低下の関連が報告されていた。
質の良い眠りは、脳の修復に関わる重要な役割を果たしているのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2014-09-22 12:00 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/22642101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ウル at 2014-09-24 08:59 x
私は障害者施設に従事しておりますが、自閉傾向があり、自傷・他害がみられる方の多くは睡眠障害及びてんかんをお持ちで、日中は傾眠傾向、夜間は覚醒されております。

所謂安定剤・睡眠薬の類を服用されますが、睡眠の「質」は極めて低いと思われます。

自閉症の原因の一つに、前頭葉や中枢神経の異常と教科書にはありますが、良質の睡眠により脳のデフラグが出来ず、傾向が強まる事もあるのかもしれませんね。

Commented by bancyou at 2014-09-24 19:24 x
富貴寺の猫ちゃんは、私が訪れた時も爆睡でした。(笑)


Commented by m_chiro at 2014-09-24 22:34
ウルさんは、お仕事で睡眠の質に問題がある障害者を実際にまじかに見ておられるのですね。睡眠の質はセロトニンの減少にも関わっているとされて、慢性痛や脳の委縮に影響しているのでしょうね。貴重なお話を有難うございました。
Commented by m_chiro at 2014-09-24 22:37
bancyou先生、そうでしたか。あの猫、超爆睡猫でしたね。体に触れても起きなかった。羨ましいほどの爆睡ぶりでした。こちらは大爆笑でしたが...。
<< 「痛み学」NOTE 64.  ... 庭のダリアを豪華に挿す >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ