「左肘内側の靭帯が伸びた」女子高生
高校運動部の女子学生がみえた。
6月初めに、筋トレ中にダンベルを持ったまま左上肢を左後外側方向に捻って肘を損傷したらしい。

整形外科でのX-ray所見から、左肘関節の内側間隙が大きいことが確認されて、内側副靭帯の損傷とされた。
「内側靭帯が伸びている」と説明されて、スプリントで固定された。
25日ほどの固定期間を経て、サポーターに変わった。
肘を伸ばさないように、と注意されている。

「伸ばすと痛いし、靭帯が伸びたのは元に戻るんでしょうか?」と不安気である。
可動域と疼痛域を確認すると、前腕の伸展、外旋位で痛む。
それでも関節可動域には問題ないが、伸展位、回外位で腕橈関節を圧迫すると痛みが誘発される。
円回内筋、長掌筋などの筋膜を解放方向に戻して、再度圧迫してみると痛まない。
どうも筋膜のトラブルのようだ。

急激な外反ストレスが加わって、筋・筋膜が障害されたのではないのだろうか。
伸縮テープを利用して、筋膜の固着した部位に限局したテーピングでリリースさせた。

「さあ、それで動かしてみて…」

「えっ!痛くない。なんでぇ~...、感動したぁ~!!」
「どうやってテーピングするんですか?」
テーピングを使うことがあっても、貼り方の知識はなさそうだ。

それで急遽、テープの貼り方実習。
教え方が悪いのか、再三説明する羽目に。

それでもまた「感動した!」と言いながら、ニコニコで帰って行った。
若者は、こんなことでも感動してくれる。
運動選手には、テーピングの実習が必要かな….。
[PR]
by m_chiro | 2014-07-04 22:56 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/22328176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 入眠の極意 「Youは何しに日本へ?」 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索