「同期する世界」
佐渡からの帰路(6.2)は、新潟から特急電車に乗って酒田まで2時間ちょっとである。
退屈な時間なので、新潟駅構内の書店で読む本を探した。

すぐに目についたのが新書版の2冊。
ひとつは「同期する世界」(京大名誉教授・蔵本由紀著、2014.5.21刊)。
新刊本である。

佐渡でsansetu先生から技術指南をいただいた時に、私が関心を持っている「振動」との共通項に気がついた。
それで、「同期する世界」の本が目についたのかもしれない。

著者は物理学者で、しかも非線形科学の世界的権威のようだ。
数学を使わないで解説している本なので、門外漢には何よりもありがたい。
この本は自然の不思議現象を解説しているだけではなく、生命現象にかかわる同期現象についても1章を設けて説いている。
たとえば、心拍と血流の集団リズムにかかわる同期現象、体内時計や解糖反応、解糖する酵母細胞の集団同期、神経膜における振動と興奮現象、インスリン分泌のリズム、パーキンソン病にみる集団同期など。
解糖反応から遺伝子発現のリズムまでを取り上げて、そこにかかわる同期現象を解説していている。とても興味深い。
生命のリズムは本当に不思議な現象であるが、それらがとても興味深く書かれている。

簡単な同期現象の実験がYou-Tubeに投稿されていたので掲載しておいた。
「長さの違う振り子による同期」と「メトロローム同期」の2つの動画である。
あらためて見ると、とても美しいリズムである。
この不思議現象を楽しんでほしい!




[PR]
by m_chiro | 2014-06-07 01:07 | Books | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/22206128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 筋骨格系疼痛の発症の共通因子とは? 佐渡へ行く(5.31~5.2) >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索