だから、骨じゃないんだって!
「肩こりは頚椎X線で“みえる”のか」
頚部症状とX線所見との関連についてはいまだ議論が続いているが、弘前大学整形外科の熊谷玄太郎氏らは地域住民762例を対象とした調査において、その関連を評価した。その結果、男女とも頚椎の矢状面アライメントは頚部症状と関連していないことが示されたが、女性においては頚椎の変性変化と頚部痛強度との関連が有意であったことを報告した。(Journal of Orthopaedic Science誌オンライン版2014年2月26日の掲載報告)

弘前大学整形外科の調査から、Care Netの「肩こりは頸椎X線で“みえる”のか」の記事。
その結果は、X線写真にみる頸椎矢状面アライメントと頸部症状は関連していない、ということ。

だから、問題は骨ではないんだ!

そんなことは既に明らかなのに、いまだに臨床の現場ではその単純な因果論が俎上に上がる。
医学は解剖学の発達と並走するように進歩してきた学問だから、解剖学的に診ようとする習性がつきまとっているのだろう。

この調査も、「女性においては頚椎の変性変化と頚部痛強度との関連が有意であった」と結んでいる。
どうしても、その因果論が気になるようだ。

医学は、あくまでもヒトを身体という閉鎖されたシステムの中で捉えて診ようとする。
ところが実際のヒトは、人間関係や社会的あるいは環境的要因と共存する開いた系である。
だからヒトを閉鎖系の中に捉えている限り、ヒトの持つすべての症状を証明することなどできないのだろう。

こんなことを言うと、「骨の変性変化と症状の関連はゼロではないだろう!」、と小児病的に「全か、無か」を盾にしようとするかもしれない。
でも問題とすべきは、「脊椎の変性変化と疼痛強度との相関」がセントラル・ドグマになっていることなんだ。
だから、そうした関連性が「ゼロか、ゼロでないか」なんて、大した問題ではない。
[PR]
by m_chiro | 2014-03-25 08:39 | 動態学 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/21886402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 腸内の善玉菌はダークチョコレー... MPSの原因がTrPとは限らない >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索