体内で炎症性物質を抑える食事を心がけることが大事
コレステロール悪者神話は本当なのか?
この疑問に明確な答えがアメリカCBNテレビで分かりやすく解説されている。

「コレステロールを悪者にする黒幕とは? (日本語字幕付き)」


体内環境を守るために食事の内容は重要な要件である。
痛みの身体的前段階には不飽和脂肪酸(Ω6)の過剰摂取が関与するとされる。
体内で炎症性物質アラキドン酸が作られるからだ。
どうもそれは痛みだけに限らないようだ。

コレステロールは、心・血管性疾患の諸悪の根源として忌み嫌われている。
ところがコレステロールは重要な役目を担っているとする意見もある。
このTV解説も、その立場からコレステロールの役割を述べている。
結論を急げば、コレステロールは血管の炎症を防いでいる、ということになる。

問題なのは血管に炎症をつくることであって、それをガードするために役割を果たしたコレステロールに罪はない。
体内に炎症をもたらす身近な因子は「脂質と糖質」なのだ。
だから動脈硬化の原因も「炎症」であって、コレステロールではない。
その根源である炎症物質の生成を抑えれば、コレステロールが血管を修復する必要もないわけである。
コレステロールは必要に迫られて役割を果たしているだけなんだ。

火事が起これば、消防士がやってくる。
炎症が起きているから、コレステロールがやってきた。

消防士は悪者? コレステロールは悪?

放火犯は火事場の野次馬に紛れ込んでいると言うが、コレステロールは炎症性物質ではない。
だから炎症の現場にあったからと言って、動脈硬化の原因とするのはあまりにも短絡過ぎる。
こうした疾患の真の犯人は、炎症性物質をつくりだしているトランス脂肪酸や精製炭水化物ということになる。

トランス脂肪酸は、アルツハイマー、パーキンソン、ADHDにも関与する可能性が指摘されていた。
自分の体は自分で守る。
そのためにも整合性のある情報に耳目を傾けて置くことが大事だと思う。
[PR]
by m_chiro | 2014-02-21 11:33 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/21707302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 動きのパターンが崩れるとき① 氷の世界と奇跡の始まり >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索