久々に興奮した!
「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見
-細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導-」

(理化学研究所)

このニュース、久々に興奮した!
分化が完了した体細胞は、決して「初期化」(受精卵に近い状態)に逆戻りすることはない。
この生物細胞学的常識を覆した理化学研究所の小保方晴子(30歳)さんらの研究。
要するに、成熟した細胞が原始的な状態に戻る、というのだ。
c0113928_22281014.jpg

あまりにも生物細胞学の常識を破る研究であったため、世界的に権威ある英科学誌「ネイチャー」への投稿で、「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」と酷評され、「掲載を却下された」という曰くつきの研究である。
それほどに驚きの研究である。
今世紀一番のビッグニュース。

画期的な研究を行った小保方さんは、白衣の代わりに「祖母のかっぽう着」が研究用のユニホームとか。
人にも応用できる日が来ることを願うばかりである。

小保方さんが分かりやすく答えているインタビュー記事。
このインタビューだけでも興奮ものである。
「生物のロマン見ている」 小保方さん会見一問一答

「研究を進めているが、生体内ではストレスが加わっても完全な初期化が起きない。大きな変化が起きないように制御されているのではないか。」

「単細胞生物にストレスがかかると胞子になったりするように、(多細胞生物である)私たちの細胞も、ストレスがかかると何とかして生き延びようとするメカニズムが働くのではないか。そういうロマンを見ています。」


私たちの細胞も、ストレスに対して生存しようとするメカニズムが働く。
生体内の細胞では完全な初期化が起こり得ないのだろうが、何らかの刺激に細胞自体が反応して変化することはあり得るのではと、「考える細胞」のことを思わずにいられない。
生体細胞の外部からやってくるシグナルが、私たちのからだを変えていくのだ。
治療家としては、そこに「ロマン」を感じている。
[PR]
by m_chiro | 2014-01-30 22:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/21578524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 奈良を往く ①志賀直哉・旧邸を訪ねて 有難いご時世になったものだが….。 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索