「抑制+抑制=興奮」、「興奮+興奮=興奮倍返し」
アメリカ医療施設評価合同委員会(JCAHO)が「痛みの評価」を第5の必須バイタルサインに加えたのは2001年のことである。

それまでは、体温、血圧、心拍数、呼吸数の4つがバイタルサインのチェックが必須項目であったのだから、「痛み」は医療現場での重要な評価項目になったわけで画期的な制度化であった。

ところが、最近そのことの弊害を警告する論文が出てきた。
“Kindness kills: the negative impact of pain as the fifth vital sign.
「思いやりが仇になる:第五のバイタルサイン(痛み評価)におけるネガティブな衝撃」といったところだろうか。

単純に数値で痛みを評価することで過剰な投薬(オピオイドなど)が行われる。
そのことが痛み患者の活動障害を招き、あるいは生命を脅かされることになる。
そんな事態を警告した論文である。

だから痛み評価の数値をネガティブに受け取らないためにも、日常的な痛み評価を行うことには気を付けなければならない。

特に、患者自身が自分の痛みを数値化する「NRS(数値評価スケール)」には、ネガティブな心理的インパクトが大きいだろう。
数値は治療者サイドで参考にするものだから、患者さんに数字が見える必要はない。
その意味では「VAS(視覚的アナログスケール)」の方がより配慮されている。
だからと言って、日常的に評価することには気をつけたい。
特に気を付けるべき患者さんもいることだろう。

神経シナプスがもたらす作用から言えば、「抑制+抑制=興奮」という結果になるからだ。
言語や数字は興奮性物質ではないが、明らかに脳のプログラムに関与する。
だからプラシーボにもノンシーボにもなり得る。
医師が、痛みの数字評価を投薬不足と判断するのは更に問題である。
オピオイドの副作用が倍増する。

徒手療法家にも同じことが言える。
結果が出ないからといって、更に刺激量を増やしていくと過剰刺激になる。
「興奮+興奮=興奮倍返し」が起こり、過敏現象がもたらされるのだ。
効果としての数字にこだわるより、先ずは「なぜ?」と考えるべきなのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2014-01-17 12:06 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/21494070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 有難いご時世になったものだが….。 「鼠蹊部の痛みで左肢が上がらな... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ