「ペイン・スケール」は「痛み評価」の記録に必携のツール
今では、痛みの評価が必須のバイタルチェックになりました。

臨床の現場では、数値評価法(NRS)が簡便に使われているようです。
NRSは「痛 みのない」状態を0として、「耐え難い痛み」10までの間の数字から、患者さんが数字で表現する方法です。
しかしながら、患者さんの好みの数字が選択されたり、あるい は忌み嫌う数字が避けられたりすることがよくあり、個性や文化・環境が色濃く反映されやすい欠点があるとされます。

今回、江崎器械株式会社(http://www.esaki.biz/)の新商品「視覚的アナログスケール(VAS)」 は、その欠点をカバーするスケールでもあります。
c0113928_8373218.jpg

              (スケールの面面と商品ケース)

c0113928_8402591.jpg

(スケールの裏面には、検者が患者さんが示したポイントを数字で評価するようになっています)

VASは患者さんに数字で評価してもらうのではなく、ペインロードのどの地点に自分の痛みがあるか、患者さんが示した地点を検者がスケール裏面の数値で評価します。

できるだけバイアスを取り除き、より正確な主観的評価法して痛み記録のツールに活用できれば、臨床上の評価にも反映されることでしょう。

二回目以降の評価では、患者さんが前回に示したポイントからはじめると、患者さんは自分の痛みの状況をその時点で再認識することにもなるようです。
とかく人間は過ぎ去ったことを忘れがちですから….。

また、江崎社製のVASスケールは、患者評価側に顔マークが両端についており、子供や高齢者にも一目でペインロードの善と悪の方向が理解できるようになっています。

このスケールは我々の臨床における「痛み評価」の記録に必携のツール です。
お勧めします。

[PR]
by m_chiro | 2013-08-02 08:45 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/20575601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年は「夏のない夏」..... 慢性腰痛を抗生物質が治す..!? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索