間質性膀胱炎の擬態をつくるMPS
加茂先生のブログ記事「医師よこれ以上患者に迷惑をかけるのはやめよう」に、ワシントン・ポストの記事が紹介されていた。

そのワシントン・ポストの記事は、こちら。
“Myofascial pain syndrome often leaves doctors baffled and patients untreated”

その記事を要約すると、次のような内容です。
長い間「間質性膀胱炎」と診断されてきた患者さんが、実はMPS(筋・筋膜性疼痛症候群)だった。いろいろドクターショッピングを重ねたが、なぜ誰も分からなかったのだろう、と疑問を投げかけながら、MPSの扱われ方を問題視して書いている。
「間質性膀胱炎」もMPSの擬態である可能性がある。


参考までに、ワシントンポストの記事内容も紹介しておきます。

「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)は医者を困惑させ、患者は治療されないまま放置される」

私の症状が始まったのは2008年1月のことでした。
おしっこをするたびに膀胱に深刻な痛みを伴うようになったのです。 私は「間質性膀胱炎」と診断されました。
周知のことではありますが、この病気は治療法がないとされる慢性的な膀胱症状のことです。しかしながら翌月になると、痛みは腿、膝、腰、臀部、腹と背中に広がりました。

私の病状は3年後に正しく診断されることになったのですが、その時まで既に2人の 泌尿婦人科医(urogynecologists )、3人の整形外科医、6人の理学療法士、2人の徒手セラピスト、 リュマチ専門医、神経科医、カイロプラクターとホメオパスに診てもらっていたのです。

何が間違っていたのでしょう?
完全に予想外であった私の症状:筋筋膜性疼痛症候群(MPS)に従うとすれば、リリースされていないで縮んだ筋線維に原因があったことになります。
筋線維の絶え間のない収縮は緊張した筋肉に硬結を作り、あるいはトリガーポイントを作り、そこから完全に健全な部位にまで身体の組織に痛みを送るのです。
たいていの医者は、一度も筋筋膜性疼痛症候群(MPS)について聞いたことがなく、ほとんどの医者がそれをどのように治療するべきか知りません。

私の症例で、骨盤底(骨盤の底となる筋肉の容器)におけるトリガー・ポイントが、膀胱への関連痛となったのです。
歩くと、私の 太腿に沿ったポイントが鋭い痛みを作り、膝関節の上にも痛みを作ったのです。腰部と臀部と腹部のポイントは骨盤と腰部の関節面をずらし、背中のもっと上の方にまで痛みを引き起こしたのです。
痛みがとても激しかったので、座ることができたのはごく短い時間だけでした。

「なぜ、誰もMPSを知らなかったのでしょう?」
Dr.ティモシー・テイラーが、私の痛みの原因を正確に診断した直後に、私はドクターに尋ねました。
ドクターが応えてくれました。
「医者は筋肉を専門に扱わないから」。
「筋肉は忘れられた臓器なんです」。
「そこには神経線維がありません」

ジョンズ・ホプキンス大学・神経学のロバート・ゲルウィン准教授によれば、そこに関連痛が伴うという一部の理由だけで、ほとんどの医科大学と理学療法プログラムは筋・筋膜痛の教育を行っていないのだそうです。

痛みとリハビリテーション医学所長でもあるR.ゲルウィンは、最近になってやっと内科学科がこのタイプの痛みを理解するようになった、と言っています。

R.ゲルウィンが話してくれました。
「神経外科医と長時間話しあったことを思い出すのだが、(関連した)痛みには、接点もなく、神経線維もなく、連鎖もなく、血管もなく、神経もなく、この2つの部位を結び付けるものは何もないんだ」と、その神経外科医は言っていた。
もちろん、その外科医は「関連痛のメカニズムが脊髄を通して拡大されたものであることを理解していなかったね」。

緊張した筋繊維からの痛みのシグナルは、同様に身体の他の部位からのシグナルを受け取る脊髄の特定の部位にも移動するのです。
その痛みが他のどこかから来るかのように、筋肉からの痛みシグナルが神経系で印象づけられると関連痛が発生するのです。

関連痛は今日ますます医者に認められてはいるが、筋・筋膜痛の診断と治療に大部分の医者が対応するようになるまでにはもっと多くの時間がかかる、とテイラーは見ているようです。
開業者はトリガーポイントを識別するために、特定のトレーニングを必要とします。
そして筋線維に索状硬結を識別し特定するために、慎重に患者を診察し触診しなければなりません。

2000年の調査では、痛み専門家の88パーセント以上はMPS(筋筋膜性疼痛症候群)が正当な診断であったとことを認めていますが、それを診断することについての基準に関しては意見が違っていました。

[PR]
by m_chiro | 2013-07-16 17:48 | 痛み考 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/20510294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心療整形外科 at 2013-07-19 20:25
タイトル : ほとんどがMPSなんだけど、ほとんどの医師がMPSを知ら..
間質性膀胱炎の擬態をつくるMPS ほとんどの医師はMPSを知らない。 だからヤミクモに検査をする。 なにも見つからなかったら、「悪いところはない」と痛みを説明したり治療することができない。 たまたま、ヘルニアや脊柱管狭窄が見つかればそれが原因だと説明する。 それで治ることはない。 手術をするしかないということで手術をするが、プラセボで半年ほどいいことがあるが、やはり痛くなる。 ... more
<< 慢性腰痛を抗生物質が治す..!? 腰痛の心理社会的な背景を探る「... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索