腰痛の心理社会的な背景を探る「簡易問診票(BS-POP)」
腰痛の85%は原因を特定できない。
腰部の筋・筋膜に原因がありそうだが、画像で確認できないので不明だとされている。
椎間板ヘルニアが画像で確認できても、痛みを伴わない人も大多数いるのだ。
なにしろ腰痛経験がない76%の人のMRI画像に椎間板ヘルニアがみつかる、という報告もある。
そんなわけで腰痛とヘルニアの関連性は疑わしい。
だから画像検査をする必要もなく、生物・心理・社会的要因を検討すべきだとする論文が出ている。
欧米では90年代半から、こうした心理社会的背景が論文に登場するようになった。

下の図は1992年に出されたもので、少なくともその20年後の2012年末に、日本整形外科学会も同様のガイドラインを発表したことになる。
90年代半ばからみれば半世紀以上かかったわけである。
c0113928_12223896.gif


では、その心理社会的要因はどう判断するのか。
福島大学整形外科では、「簡易問診票(BS-POP:Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients)」を作成した(紺野 愼一教授「たかが腰痛と侮るなかれ」)。

この問診票は福島大学医学部・精神科の協力を得て作られたもので、医師用と患者用の2タイプがある。
医師用では最低点(8点)で最高点(24点)である。
c0113928_12251085.jpg


この患者用問診票では、最低点が10点で、最高点が30点である。
c0113928_122636.jpg


両方の併用結果では、医師用10点、患者用15点以上で、精神心理的問題が考慮されるという判定になる。

医師用の単独使用では11点以上を考慮判定にすることになるのだそうだ。

紺野教授は「無視できない慢性腰痛の心理社会的要因 簡易問診票「BS-POP」の有効活用の中で、以下のように結んでいる。

BS-POPの妥当性評価に関しては、日本整形外科学会のプロジェクト研究に選ばれて大規模な検証研究を行い、慢性腰痛患者の精神医学的なスクリー ニングに有用性が高いことを証明することができた。

[PR]
by m_chiro | 2013-07-16 12:31 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/20509315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 間質性膀胱炎の擬態をつくるMPS 「カイロプラクティック・コンセ... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索