あるがままに
この時期になると、きまって治療室を彩るクンシラン。
黄色の花である。

もう何年もの間に株を増やして大きくなり、見事な姿になった。
今年は開花前に時ならぬ霰に叩かれて葉が傷み、あちこちちぎれてしまった。
ちょっと痛々しい姿になったが、それでも立派な花をつけた。

その一瞬をただあるがままに咲いているクンシラン。
傷んでちぎれた葉を悔やんで咲いているとは思えない。
格別に寒さが厳しかったこの冬を恨んでいるそぶりもない。
明日の身の上を案じているふうでもない。
やがて枯れてしまうことなど、気にもかけていない。
何とも誇らしげに、今を咲いているようにみえるからだ。

それにひきかえ、人はなんと些細なことを悔やみ続ける生きものだろう。

c0113928_23565886.jpg


今年のクンシランを眺めながら、この詩のことを思い出した。

窓の下に咲いているバラは、昨日までのバラではない。
昔のバラや、もっと奇麗だった頃のバラでもない。
単にそこにあるがままのバラで、今日という日を神と共に過ごしているバラだ。

それらのバラにとっては時間など存在しない。
ただここにバラがあるだけ。
そしてそのバラは一瞬一瞬が完全な存在なのだ。

ところが人は、未来をあてにしたり、思い出したりする。
人は現在に生きることなく、振り向いては過去を嘆き悲しみ、周囲の豊かさには無頓着で、背伸びして未来を予測しようとする。
人間も時間を超えた現在の中で自然とともに生きない限り、幸福にもなれなければ強くもなれない。

                             (「グレース&グリット」より一部改編)
[PR]
by m_chiro | 2013-05-30 00:11 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/20290763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天才の解剖図譜 映画「ハンガー・ゲーム」からの教訓 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索