「コーヒーは健康に良い」と言える7つの理由
c0113928_14203459.jpg

「コーヒーは健康に良い」と言える7つの理由
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130327-00000307-lifehac


コーヒーが好きだから、上の記事が目にとまった。
この記事を要約すると、以下のような内容である。

「コーヒーは健康に良い」と言える7つの理由
1.頭をよくする 

カフェインの覚醒効果、脳内の神経伝達物質の抑制を阻止する。つまり興奮性に働く。

2.脂肪を燃焼させ身体能力を高める
 
やはりカフェイン。中央神経システムに刺激を与え、新陳代謝を上げ、脂肪酸の酸化を促す。だから、運動能力や身体機能能力を11~12%向上させるとか。

3.糖尿病のリスクを下げる 
毎日飲むコーヒーの量1杯あたりに対し、生活習慣病などによるⅡ型糖尿病のリスクが 7%減少した。コーヒーを飲めば飲むほど、糖尿病のリスクは軽減するらしい。

4.アルツハイマー病やパーキンソン病のリスクを下げる 
アルツハイマー病や認知症になるリスクが60%も低いことが分かった。パーキンソン病や認知症などの神経変性の病気は脳内のドーパミン生成神経が死滅する。その神経変性の病態リスクを32~60%引き下げる。

5. 肝臓にやさしい 
肝臓がんのリスクを40%、肝硬変のリスクを最大で80%まで引き下げる。

6.致死率を下げる
コーヒーと致死率の関係が明らかに。

7.栄養と抗酸化物質が含まれている
コーヒー豆にはビタミンやミネラルなど多くの栄養が含まれているから。
コーヒー1杯に含まれる栄養分
○ パントテン酸(ビタミンB5):1日に必要な摂取量の6%
○ リボフラビン(ビタミンB2):1日に必要な摂取量の11%
○ ナイアシン(ビタミンB3)とチアミン(ビタミンB1):1日に必要な摂取量の2%
○ カリウムとマグネシウム:1日に必要な摂取量の3%

さてさて、こんな具合にコーヒー好きにはたまらない理由があげられている。
だが、くれぐれも勘違いをしてはいけない。
コーヒーとの関連性やその影響が指摘されているだけで、必ずしも効果あるいは薬効として証明されているわけではない。
それもコーヒー単体での調査だから、砂糖やミルクを入れる場合はまた違ってくる。
それでも嬉しいニュース。 
だからと言って、飲み過ぎには注意!
薬効や効能があるわけではないわけで、コーヒー好きにの自己満足かもしれないけど、まぁいいか!
[PR]
by m_chiro | 2013-04-05 14:31 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/19792714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シャルル at 2013-04-09 08:59 x
私もコーヒーが好きだから、うれしい記事です(#^.^#)
片頭痛には、カフェインがいいというのでコーヒーを毎日飲んでます^^
飲みすぎると、胃に負担がかかるけれど。
Commented by m_chiro at 2013-04-09 22:17
シャルルさんもお好きでしたか。
私は豆を自分で挽くのですが、そんな面倒な時間もコーヒーの匂いを楽しみながらのコーヒータイムにしています。それがまた嬉しい時間なんです。
<< 含蓄のある言葉だなぁ~! MPSの概念がない痛みの診断基... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索