月山・志津温泉郷の「雪旅籠の灯り」イベント
今年の冬は雪国のどこもが格別の寒さと積雪量である。それに加えて長ぁ~い冬だ。
先週末から、この冬最高の大寒波襲来で大暴風雪。
先日のニュースでは、北海道や青森で5メートルを超えた、と報じていた。
5メートルで驚いてはいけない。
山形県の「月山」の登山口にある志津温泉では、毎年6メートルほどの積雪がある。
月山には「スキー場」もあるが、ここのスキー場は夏専用である。
冬は雪があまりにも多すぎて滑れない。だから、スキー場開きは夏である。
それくらい積雪量が多い地域なのだ。

冬のイベントと言えば「札幌・雪まつり」、秋田県では「雪かまくら祭り」がある。
雪国の冬の冬の風物詩で観光目玉である。

その2大冬祭りに勝るとも劣らないのが、山形県の月山志津温泉・「雪旅籠の灯り」(2.22~3.3)というイベントだ。


ここ月山の志津温泉郷は、出羽三山に向かう宿場町である。
月山志津温泉 「雪旅籠の灯り」にアクセスして、「雪旅籠ギャラリー」の写真で雰囲気を感じてほしい。

c0113928_12585024.jpgこれは旅館(旅籠)が雪化粧しているわけじゃない。

6メートルもの積雪を利用して雪旅籠を制作したのだ。

中に50人ほどが入れる巨大な「旅籠かまくら」なんだ。
アイスバーもあるし、出店もある。
写真展示や土産物の販売もある。

ローソクの灯りはオレンジ色、アイスバーでは青色発光ダイオード(LED)で飾られ、とても幻想的な場が雪の中に出現するのである。
[PR]
by m_chiro | 2013-02-25 13:11 | 庄内の記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/19406633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シャルル at 2013-03-01 08:34 x
雪国って、大変だろうと思うのですが、素敵なこともたくさんあるのですね。
大変を楽しいに変換できる力がすごいです。
かまくら、子供のころからの憧れです(#^.^#)。
Commented by m_chiro at 2013-03-04 18:38
シャルルさん、そうなんです。
楽しみを見つけて行かないと、気鬱になってしまいますから雪のイベントを行って気持ちも盛り立ててながら、春を待ちます。
「かまくら」が憧れなんて、うれしいなぁ~!
<< なぜ慢性的に続く炎症徴候が起こ... 「いったい、どっちなんや!?」 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索