「いったい、どっちなんや!?」
前回の記事にしたこと。
庭の枝に刺しておいた傷んだリンゴを狙って、鳥たちがやってきた。
最初に見かけた鳥を「ムクドリ」と思って、ムクドリのことを話題にした記事である。
後で写真を撮って掲載したら、鍵コメ様からのコメントで、写真の鳥は「ヒヨドリ」だと教えていただいた。
感謝である。

c0113928_16531922.jpg

c0113928_16533396.jpg


この写真は、前回の記事の翌日に撮った。
雪が積もって真っ白になった枝、リンゴも雪をかぶっている。
それでも鳥がやってきた。確かに、これも「ヒヨドリ」だ。

では、最初に見た鳥は何だったのだろう?
子どもが外で泣かされているような鳴き声だった。
「キュルー」と「K」の音が強い雑音じみた音だった。
ヒヨドリの鳴き声は「ピィヨー」と「P」の音が強い可愛らしい声だ。
鳴き声から「ムクドリ」と思ったが、思い込みだったのかもしれない。

小学校の先生をしているか患者さんがみえて、庭に来ているのは「ヒヨドリ」だと教えてくれた。ムクドリは群れで行動するが、ヒヨドリはツガイで行動するのだそうだ。
それでも庭に鳥の姿を見かけた他の患者さんは、一様に「ムクが来てる」と言っていた。
ムクドリもヒヨドリも見分けが出来ず、スズメよりも大柄な鳥はみな「ムクドリ」と思い込んでいるのかもしれない。
ますます思い込みだったのだろうか、と思えてくる。

「スズメ」、「ホオジロ」、「メジロ」も来たが、みな大きな鳥に追い立てられてしまって、今ではこの「ヒヨドリ」が占拠している。

最初に見かけた鳥は「ムクドリ」だったのか?
それとも最初から「ヒヨドリ」だったのか?

ムクドリか?  
ヒヨドリか?

「いったい、どっちなんや?」


「どっちも~」、という声に期待したいが、日々、自信がなくなっていく。

それでも、ムクドリと思ったために思わぬ学びをした。
それだけでも嬉しい!!

ここ数日、治療室に中ではムクドリの話題で賑やかだった。
[PR]
by m_chiro | 2013-02-23 17:01 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/19375700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 月山・志津温泉郷の「雪旅籠の灯... この寒空に、♪こころウキウキ♪の一日 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索