MPS発症の罠は、どこにでもある! ①
MPS発症の罠は、どこにでもある!
①「さて、あなたの腰痛はどれでしょう?」(ある腰痛患者との会話から)


雪の季節になると、除雪作業での腰痛患者や滑って転倒した患者さんが多くなる。
ところが、こんな患者さんもある。
久しぶりに治療にみえた女性。2年ほど前にも、腰痛で1度治療にみえたことがあった。
その時は、1度治療を受けてよくなったらしい。

今回は、正月前から腰痛になり1週間ほど経過したが寛解する気配もない。
思い当たることもなく痛みだした。常に鈍痛があり、時に強く痛むことがあるが、何が憎悪する因子なのか、これといって思い当たらないようだ。寝ている時にも、動作に関係なく痛むことがあるとか。

全体的に左頸部から腰背部に緊張があり、特に左腰部筋群の胸腰移行部に過緊張と関節運動の固着化が著しい。こうした一側性の過緊張は、冬場になると除雪作業で痛めた腰痛患者に多くみられる。
だが、本人は何もしていない、と言う。

治療を終えたら、「あ、大丈夫になった! 動ける」と言って帰られた。
が、それから4日後に再び痛み出し、また治療にみえた。
「前の時は1回の治療でよくなったのに…..、何でだろう….??」
「何もしてないのに、何でまた痛み出したんだろう…?」と不安げである。

そこで、日本整形外科学会と日本腰痛学会がまとめた「腰痛診察のガイド「ライン」に関する記事(「腰痛診察の在り方が変わるか!?」に掲載)の新聞記事のことを話題にした。
その山形新聞の記事は読んでいないそうだ。
要するに、下の図のことだ。

c0113928_126277.gif


すべての腰痛で、原因を特定できるものは15%。実際、この15%の中にも腰痛との関連が疑わしい病態も含まれているように思うが、それはともかくとして、その他の85%は原因を特定できない腰痛である。ついては画像検査ではなくストレスのチェックをしなさい、というガイドラインである原因を特定できない85%の腰痛にはストレスが関与している、ということのようだ。

「さて、あなたの腰痛はどれでしょう?」
「……???」

「消去法で考えたら分かるんじゃないの…。外傷によるものは除外できるし、感染症でもない。神経学的な兆候も、内臓疾患の徴候もないわけだし、後は85%の原因を特定できないとされる腰痛だけど、それはストレスが関わっているとされている腰痛ということになるけど…。ちがう?」
「でも、私はストレスに強い方だから…..」

「そう! じゃ、15%の方を心配しているわけだ….」
「はい、何か悪いものがあるんじゃないかと….」

「えっ、癌か何か、とでも…?」
「ええ!」
そう思っているのなら画像検査などを優先しなければならない腰痛ということになるが、われわれの治療を求めるのはどういう心理だろう。

「癌で痛みが出ているとしたら病状が進んでいる可能性があるけど、最近体重が減ってきているとか、疲れやすいとか、検診で要検査の指導を受けたとか、その他で疑わしいと思っていることは…?」
「冬になって動かないから体重は増えています。健康診断では、何も….。でも、動かなくても痛くなるってくるので…」

それじゃ、問題を難しくしないで85%の方の腰痛を考えるべきでは? 
ところが、ストレスとなると精神心理的問題を想定する。
が、反復される物理・機械的ストレスも含めなければならない。
こんな研究もある。
”Repetitively stretched tendon fibroblasts produce inflammatory mediators. ”
「反復的に伸張された腱線維芽細胞は炎症性物質を産出する」(ピッツバーグ医療センター、整形外科)
(この記事は別項で紹介することにします。)

そのことを指摘すると、「何もしていない」ことを強調する。
では、何もしていないのに痛みのタネができるのは、なぜだろう?
[PR]
by m_chiro | 2013-01-18 12:20 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/19152058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< MPSの罠はどこにでもある② 「ミカンとβ-クリプトキチン」... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索