内臓膜からの関連か ②
内臓膜からの関連か ②
症例2 「嘔吐と悪心」


40代の女性(就業)。3日前から悪心と吐き気があり、昨日は食後に嘔吐。
それ以来、水だけにして一日食事を絶った。
「いつもムカムカして気持ちが悪い。食べると吐きそうなので….」。
2~3日前には、熱も出たと言う。
風邪に伴う胃炎のようだ。

腹部の触察を行う。
肋骨下水平面に相当する胃の部位だろうか。緊張度が低下して凹みを感じる。
自律神経症状を呈しているケースでは、周辺組織の緊張低下をみることをよく経験する。
触診でも「ムカムカする」ようだ。

その部位からの内圧の伝導をみると、左下腿部で停滞している。
足の趾先から軽微な牽引をかけて、左下腿部での内圧伝導の停滞ポイントを探ると、第4趾から腓骨近位三分の一ほどのところで停滞していて、そこには圧痛がある。
リコイルを加えた。

もうひとつ。
3趾からは腓腹筋内側頭の脛骨上端後面のポイントで停滞し、その部位にはジャンプ徴候の圧痛がある。

ジャンプ徴候の圧痛部位は、リリースしながら腹部の凹部と同調させる。
しばらくして凹部に緊張感が出てきた。

骨盤と下部肋骨には、カウンターの捻じれ(Yaw)がある。
左水平眼球運動で抑制がある。
出来るだけ腹部への刺激を避けて、視経路から右外膝状体部の停滞をリリースしてYawを修正する。
状態の変化を聞くと、「今は、気持ち悪いのはなくなった」。

やはり風邪からきている胃炎のように思える。
悪心を抑えることができても、胃炎が解消されない限りぶり返しそうだ。
念のために、内科の先生に診てもらうよう指示した。

流行りのお腹に来る風邪のように思えるが、ノロウイルスも警戒しておくべきなのだろう。
業界の仲間である田中先生がブログで「ノロウイルス」について記事にしていたので、それも参考に利用させていただいた。
[PR]
by m_chiro | 2012-11-20 23:23 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/18834128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 内臓膜からの関連か③ 内臓膜からの関連か ① >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ