マニピュレーションは急性腰痛に効く! 効かない! どっち?②
マニピュレーションは急性腰痛に効く! 効かない! どっち?
② カイロの学生がシャム群(偽操作)を見破れない?


1994年に、米国連邦政府厚生省ヘルスケア政策・研究局が「成人の急性腰痛治療ガイドライン」を発表した。このガイドラインは、その翌年に日本でも翻訳出版されている。
c0113928_11434225.jpg
以前、このガイドラインに関して記事にした。
(「背骨のズレが痛みの原因になるという証拠は存在しない」)

今回は視点を変えて評価の正当性を考えてみた。

このガイドラインで、アメリカの厚生省は「神経根症状のない成人の急性腰痛に対して発症1か月以内であれば有効である可能性」(Bランク評価)とSMTを評価した。

ちなみに「Bランク」評価は「脊椎マニピュレーション(SMT)」「NSAIDs(アスピリンを含む)」の2つだけであった。

「Aランク」評価とされる効果的な治療法は無しである。

アメリカ政府の評価結果は、前回の記事で紹介したレビューとは反対の結論である。
これって、果たして額面通りに受け取れるのだろうか。

このガイドラインの評価に参加したパネラーは23人で、その内訳はMD12名、DC2名、DO2名、理学療法士1名、作業療法士1名、他はPhDで(学位がダブっているがPhDは6名)である。
少なくとも評価者の中の四分の一は脊椎マニピュレーションを使うか、あるいは理解のある学識者である。これって公平性に問題はないのだろうか。

評価した対象論文も、カイロ大学やオステオパシー大学などから提出されるのが多いはずである。何しろアメリカには「JMPT」という唯一のマニピュレーション学術誌が刊行されているのだ。
それにアメリカのカイロ大学では研究設備も充実している。
だから調査の被験者は学生になることも多いだろう。
カイロ大学の研究部門などからは、SMTに関する多くの論文があがってくる。
が、これらの論文が医学研究の領域で高評価を受けることは少ないようだ。
研究デザインや手法が指摘されているからである。
筋電図などを用いる研究ではSMTによる信号の誤作動などを考慮しなければならないが、その対応が十分でないことも理由の一つである。

また、研究では対照群としてシャム群(偽操作群)が設定される。
ここでマニピュレーションを学ぶ学生が、偽操作を見抜けないとはどうしても思えない。
あるいはSMTを受けている患者やその学生は、少なくともマニピュレーションに対して悪い印象を持っているはずがない。
何よりもSMTを学ぶ学生にとっては、その「真」と「偽」の操作を見分けることぐらい朝飯前だろう。もうこの時点でバイアスがかかっている。
この一事をとってみても、マニピュレーションの調査研究が懐疑的に見られる要因である。そこに医学領域の研究として課題がついて回る。
だから、アメリカ厚生省見解のガイドラインによるSMT評価にも、医療サイドでは懐疑的になるのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2012-11-05 12:02 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/18647772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-11-05 12:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m_chiro at 2012-11-05 17:37
鍵コメ様、おっしゃる通りですね。
<< JSCセミナー(東京):「頭と... マニピュレーションは急性腰痛に... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ