快挙と愚挙
京都大学・山中教授のノーベル医学生理学賞受賞のニュースは、近頃の停滞した空気を一変させるようなビッグなニュースだった。

その臨床応用に、今度は東京大学・特任研究員が米国で成功したと報じられた。
何というスピードで臨床応用されたのだろうと訝りながらも、読売新聞という一大メディアの報道には驚かされた。

蓋を開けてみればメディアの勇み足で、実際は盗用と嘘に塗り固められた論文だったことが判明し、ノーベル賞受賞の快挙に水を差すような事件になった。
ひとりの研究者と名乗る人間の愚挙にも呆れたが、ジャーナリズムの根幹にかかわるような勇み足はあまりのも拙劣すぎた。

臨床応用に関しては検証が必要なくらい分かりそうなものだが、それを疎かにして科学記事を扱うジャーナリストがトップ記事にしたのである。まるで愚挙の上塗りだ。

一流の研究誌に掲載される論文は、二重三重に査読というフィルターにかけられる。
ここで怪しい論文や研究デザインなどに問題のある論文は弾かれてしまう。
多くの研究者は、そんな厳しい状況で仕事をしているのだろう。
だから読売新聞の勇み足は余程ショックだった。

山中教授は、そんな喧騒をよそに研究生活に戻ると宣言をして浮かれた世論にも一切のコメントを絶った。
山中教授の一連の発現には、研究者としての真摯な姿勢がよく現れていた。

「研究者を“憧れの職業”に」、ノーベル賞山中伸弥・京都大学教授
2011年秋のインタビューで語った研究への思い


一方の怪しい研究員とやらは「有名になりたかった」という野心を告白しただけだった。
確かに有名にはなったのだろう。

いずれにしろ山中教授の快挙は、あらためてES細胞やiPS細胞について大きな関心を持つ機会になったのである。
[PR]
by m_chiro | 2012-10-23 22:33 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/18596230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マニピュレーションは急性腰痛に... 六然社・直伝講習(9.19)「... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索