鎮痛が起こったからと言って、そこが痛みの根源とは限らない
カイロプラクターが、痛みの患者さんにマニピュレーションを行うと、少なからず鎮痛が起こります。
困ったことに、これが錯覚や誤解のもとになります。
と言うより、「サブラクセーションが痛みの原因である」とする信仰を、より強固にしてしまいます。
こうした誤解は医療の現場でもあるようです。

「はつらつ元気4月号より」http://junk2004.exblog.jp/tb/13049330

「・・・・・神経根ブロックという注射ですが、火事場に水をまけば火が消えるわけですから当然でしょう?・・・・つまり、その部位が犯人と断定できたから手術を施行したのです。」
有名な脊椎外科医の見解のようです。

脊椎マニピュレーションを行うと、椎間関節の滑液胞内にある滑液の一部が気化します。
気泡がはじけると、ボキッと音を発することがよくあります。
滑液の一部が気化することで、関節包内の容量が増大し、受容器が興奮します。
すると、さまざまな反射作用が伴うことになります。

ゲート・コントロールの機序が作動することもそのひとつですが、これはマニピュレーションによって起こる特異的な応答ではありません。

また、運動ニューロンによる遠心性の過剰なインパルスも抑制されますから、周辺の筋組織のスパズムや過緊張を緩和してくれるでしょう。
関節周囲組織の短縮や癒着があれば、リリースされることもあるでしょう。

自律神経系を介した反射作用は、患部の血流を増大させるともいわれています。
かと言って、必ずしもこの反応がマニピュレションによる特異的な反応ではありません。

要するに、カイロプラクティックのアジャストメントは、こうした反射作用を通して筋を弛緩させ、痛みを減少させている刺激の応答だということになります。
椎骨のズレが痛みの原因ではないことの理由です。

神経根ブロックが功を奏したからと言って、そこが痛みの根源とは限らないということも同じ理屈になるでしょう。

「脊柱管狭窄症という診断から患者さんを守ろう」http://junk2004.exblog.jp/tb/18906864
「神経根は痛みの通り道だったということです。そこが原因だったということではありません。結局痛みのメカニズムを誤解しているのでしょう。」
[PR]
by m_chiro | 2012-08-31 13:03 | 痛み考 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/18402277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床 at 2012-09-03 09:46
タイトル : TPは痛みの現場ですらない可能性
守屋徹先生の記事からです。 鎮痛が起こったからと言って、そこが痛みの根源とは限らない 実に自己否定的な優れた内容です。 どのような業界もこのような視点を持てない限り、真の発展・進化はあり得ないと思います。 以下はこの記事に送った私のコメントです。 Commented by sansetu at 2012-09-02 15:26 TPにもまったく同じことが言えるんですけどね。TPに麻酔して鎮痛したからといってTPが痛みの原因とは言えませんね(痛みの現場とは言えると思いますが)。痛...... more
Commented by タク at 2012-08-31 19:35 x
先生、こんにちは。
釈迦に説法ですが、最初ロバートパーマーがやったことは、難聴の治療だったと思います。
それが痛みになってく訳ですが、その歴史的な過程は私はまだ調べてません。
Commented by m_chiro at 2012-08-31 23:08
タクさん、いつも有難い情報をいただいて感謝しております。
カイロはD.D.パーマーが難聴の患者を治した治療がエピソードとして伝えられています。その後に難聴を治したというカイロプラクティックからの報告を私は知りません。2番目の患者さんは心臓病の患者さんでした。ともかく、伝説になっている治験例はタイプMの患者さんではなかったわけです。でも、マニピュレーションは歴史的にはタイプMの筋骨格系の治療に使われてきましたね。最近では、神経学的な疾患や自律神経系のタイプOの症状にこそ注目すべきだ、というカイロの方向性を指摘するグループもあるようですが。
D.D.パーマーは「万病の背景にある原因は何か?」という模索を続けた人のようですから、違った視点を持っていたのかもしれませんね。
Commented by sansetu at 2012-09-02 15:26
TPにもまったく同じことが言えるんですけどね。TPに麻酔して鎮痛したからといってTPが痛みの原因とは言えませんね(痛みの現場とは言えると思いますが)。痛みを感受するシステムのどこであれ遮断・抑制できれば、その結果として鎮痛という現象が起きるわけです。
仮にお祓いをして鎮痛したら原因は悪霊やキツネになってしまうのと同じですね。
私が数年前まで借りていた家は八海山で修行した女性行者さんの持ち家で、町の人たちの話を訊くと、実際に大勢の人達が何かと救われ助けられていたようです。
でもだからといって腰痛の原因がキツネや悪霊であるわけはなく、そういうことは笑って簡単に否定出来ても、自分たちの世界の自己否定はなかなかにできないんですね。
Commented by m_chiro at 2012-09-03 08:59
sansetu先生、同感です。TPもサブラクセーションも身体の出力表現で、それは入力系の問題から生じているものと思います。入力系の受容器ネットワーク網はよくわかっていないのでしょうが、臨床的には実感します。だから、ダイレクトな治療でなくても鎮痛効果は出せるわけですね。
確かに、自分の領域のことと自己否定はできにくいのでしょうね。
<< むち打ち症患者、何でこうなるの!? 空(くう)、10歳の誕生日祝い >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索