桐子の再手術・無事終了
子宮蓄膿症で摘出手術を受けた桐子でしたが、術後の腹腔縫合の結果がかんばしくない。腸ヘルニアのようだ。
再手術で腹腔の縫合をすることになったのだが、なぜ癒合しなかったのかと獣医さんを悩ませることになった。
こんなケースは手術した獣医さんにとって初めてのことだったようだ。
あちこちから情報を得て、考えられる原因を想定することになった。
それで再手術が延び延びになった。一番危ぶんだのが癌の筋転移だったとか。

最初の術後から桐子は、とても元気になった。食欲も復活し、散歩の距離も眼力も、全体的な若さも格段に良くなったのである。問題は腸ヘルニアがあるだけ、そう思っていた。

桐子は群馬県で生まれたようだ。幼くして捨てられて、保健所送り寸前だった。
そこへ、不憫に思った近所の若夫婦が救いの手を差し伸べたのである。
インターネットで里親募集をしてあげると申し出て、それが私の目にとまり、わが家の家族になった。
それから12年、家族と共に過ごしてきた。生い立ちは恵まれなかったが、幸せな日々を過ごしてきたと思う。
もしも何か悪い病気が見つかっても、それが生存を脅かすものであれば更に侵襲的な手術は望まない。ともかく腹腔を縫合して腸の陥入による障害を防いでもらえればいい。
そう獣医さんに伝えた。

獣医さんも、「わかった。でも手術の段階で周辺組織も一応よく診てみる」ということで、やっと6月11日に手術となった。
無事に再手術を終え、その日の夕刻に引き取りに出向いた。
動物病院に入ると、待合室にも桐子の吠え声が聞こえてくる。
受付で、「ずっとあの調子なんです」と言われた。

獣医さんから詳しい説明を受けたが、癌組織らしきものは見られなかったようだ。
結局、推測できることは、最初の手術後は初めての外泊で、しかも入ったこともないゲージで、ずっと吠えっぱなしでいたために腹圧がかかって引き裂かれたのではないだろうか、ということだった。

「飼い主の姿が見えないと、ずっと呼び続けて....。こいつは幸せな犬だ。念のため通常の倍も頑丈に縫合したし、圧迫包帯をしておいた。多分、今度は大丈夫でしょう!」。

帰りは夕闇が迫り、夕焼けがきれいだった。
私もどこかホッとした気分で夕焼けをみた。
c0113928_964337.jpg


家に帰ると頭部カラーの代わりに、再び家内のTシャツで舐め防止。人が動くたびに、何かもらえないかとついて回る。この日は水も食事も抜きだったのだから無理もないが、朝まで辛抱してもらわなければならない。
桐子、完全復活の予感!!でした。御心配いただいた皆さん、ありがとうございました。
c0113928_985613.jpg

[PR]
by m_chiro | 2012-06-12 09:09 | わん・にゃん物語 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/18091405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シャルル at 2012-06-12 09:52 x
ヘルニアの手術も無事に終わって、とても安心しました。桐子ちゃん、今度は用心してね。
といっても、難しいですよね。しっかり縫ってもらったから。もう大丈夫。
あんまり、パパやママを心配させてはダメだよ。
Commented by bancyou1965 at 2012-06-12 10:30
桐子ちゃん、よかったですね。同じ犬を飼う身としては、他人事ではありませんでした。、うちのキャンディーは、食のほうが少し細くなればと思うのですが。。。
Commented by sansetu at 2012-06-12 11:37
良かった良かった。にしてもすごい夕焼けですね。
レンズを通すと肉眼の色とはだいぶ違って観えますよね。
Commented by m_chiro at 2012-06-12 19:33
シャルルさん、ありがとうございます。
ホナちゃんも頑張ったもの、桐子も負けずに生きようと思います。(桐子)
Commented by m_chiro at 2012-06-12 19:37
bancyou先生、老犬の雌は子宮蓄膿症に気を付けなければいけませんでした。反省です。桐子はそれでも食べてましたから元気なものと思っていました。食べなくなったら要注意、水ばかりががぶ飲みするようになったら、診察を受けておいた方がいいようです。
Commented by m_chiro at 2012-06-12 19:40
sansetu先生、ご心配をかけましたが、今度は完全復活なりそうです。
夕焼け、写真になると火事のようですね。
カメラによって赤の色調が強いとか、特徴があるんでしょうかね。
<< 「ゼロか、100%か」① 症例の成功例から学ぶことは「決... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索