ブラッドパッチ承認の明と暗
脳脊髄液減少症 「髄液漏れ」先進医療承認 ブラッドパッチ、健保適用へ一歩

「脳脊髄液減少症」が先進医療として承認されることが決まったようだ。各メディアが報じていた。
本当に髄液漏れで苦しむ患者さんにとっては朗報だろう。

もう一つ、頭蓋療法を行う徒手治療の領域にも明るい兆しとも言えるだろうか。
頭蓋療法では脳脊髄液の循環を促す手法が使われたりする。。ところが脳脊髄液の循環は治療者の感覚に委ねられていて、その役割やメカニズムが明らかになっているとは言えない。

第一に、成書に記載されている脳脊髄液の循環経路そのものが怪しい。
大阪大学名誉教授・解剖学者の橋本一成先生の学説からも、そのことを知ることができる。
以前の記事「再び、第3の循環系「脳脊髄液」について①」でも紹介したが、従来の循環経路では水頭症になるだろうという話でもある。
ウサギやネズミにはクモ膜顆粒は存在しないらしい。実体顕微鏡でも、走査電子顕微鏡でも観察できないのだそうだ。にもかかわらず、アメリカの「脳脊髄液」という大書には「目に見えないクモ膜顆粒から髄液が吸収されていると考えられる」(橋本一成著「解剖学の抜け穴」)とされている。

ところで水頭症の病理では、脳室からクモ膜下腔へ、そしてクモ膜顆粒から静脈洞へ排出されるルートで通過障害がある交通性水頭症として病態分類されている。

クモ膜顆粒は果たして最終的な吸収・排出の部位なのか、実際の循環ルートも明らかになってほしいと願うばかりである。

それだからこそ脳脊髄液の問題に焦点が当たり、関心が集まることで明らかになることがあるのでは、と期待したいのだ。
逆に、根拠がないと証明されることにもなりかねない。それでも、これもまた一歩前進である。

その一方で、この疾患に関する暗部も見え隠れする。
十分な診断基準が確立されているとは思えないからである。
例えば、脳脊髄液減少症による頭痛に「ブラッドパッチ」を行っても、その「軽快率は半数程度」という報告もある(斉藤洋一著「頭痛・疼痛治療の最前線」、2004)。
ブラッドパッチの限界も指摘されているのである。
c0113928_1634798.jpg
例えば、この疾患の頭痛は、立位で悪化し臥位で消失するのが特徴とされている。
と言うことは、症状を追うことで診断が行われているのだろうか。

確定的には「RI脳槽シンチグラフィー」で髄液漏れを確認することになるのだろう(シンチグラフィーの図で明らかなように髄液漏れの痕跡が認められる)。

ブラッドパッチで軽快しなければ外科的に硬膜の破れを塞ぐのだろうが、二者の手法の違いを分ける基準は何だろう。

ブラッドパッチの軽快症例は、本当に「脳脊髄液減少症」なのだろうか。

診断基準の曖昧さは、そのままこの病態のよく分からないところでもあるように思えてくる。
[PR]
by m_chiro | 2012-05-25 18:35 | 症例 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/18014874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床 at 2012-05-29 08:04
タイトル : 起立性頭痛
30代、女性。 1月の末に右膝外側の半月板の手術をしました。 これは筋性疼痛ではなく膝の屈伸時に、変形した軟骨が膝関節間に挟み込まれて膝が伸ばせなくなるという、手術が妥当なケースでした。 下半身への麻酔を腰部から行い、一度目は効かず、二度繰り返して効きました。 その2日後から突然前頭部の強い痛みを発症。 この痛みは日常生活ができない強い痛みで、食欲もまったくありません。 大きな特徴はこの痛みは背骨を立たせている時だけに出現するということ。 それが臥位になって5分も経つとまったく痛くな...... more
Tracked from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床 at 2012-05-29 08:08
タイトル : 脊椎麻酔後頭痛について
http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/lumbar.html 腰椎穿刺のやり方を知っていますか? http://suuchan.net/pukiwiki/index.php?%B9%F8%C4%C7%C0%FC%BB%C9%B8%E5%C6%AC%C4%CB 腰椎穿刺後頭痛 http://suuchan.net/pukiwiki/index.php?%C0%D4%BF%F1%A4%AF%A4%E2%CB%EC%B2%BC%CB%E3%BF%EC 脊髄...... more
Commented by タク at 2012-05-25 20:36 x
「心療整形外科」のブラッドパッチを検索してみました。

https://www.google.co.jp/search?ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&q=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%81&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&sitesearch=junk2004.exblog.jp
Commented by m_chiro at 2012-05-26 08:20
タクさん、いつも考える素材を提供いただき有難うございます。
脳脊髄液減少症は概念が先行し、診断基準が明確でないことが余計にこの疾患を分からないものにしているように思います。だから、誤診も生まれるし、何でも低髄液のせいにしがちになるのでしょう。現に、提供いただいた検索資料からもそのことが窺えます。望みはと言えば、注目を集めることで研究者が明らかにしてくれることに期待したいのですが、その一方で誤診が増え続けることにも危惧してしまいます。
Commented by たかしま at 2012-07-21 23:07 x
自分はブラッドパッチには疑問を持ちます。研修時代に術後の患者さんを診ましたが…改善どころか他の症状が現れ悪化してました。髄膜の伸長性を必要以上に低下させているのでは…より良い手法が待たれます。
Commented by m_chiro at 2012-07-22 10:29
ブラッドパッチでよくなった人、悪化した人、さまざまな評価ですね。なぜよくなり、なぜ悪くなったのか、あるいは改善しなかったのか? 結果論からブラッドパッチ法の良し悪しを出す前に、あまりにも不正確な根拠の元に行われていることが気になります。診断基準も曖昧で、このまま推し進めてもいいものか疑問だらけです。篠原先生の講演も聞きましたが、徒手療法でも改善できるというようなことを言っていました。それで増々疑問に思いました。確かに、良い手法が待たれますね。
<< 皮肉のひとつも言いたくなるなぁ~! 桐子の療養生活 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ