身体平衡機能系を統合する技法① PRYTテクニックと宮本式・新正体法
身体平衡機能系を統合する技法
①PRYTテクニックと宮本式・新正体法


身体の基本単位を頭、頚部、肩、胸郭、骨盤、上肢、下肢として、それらの相互の情報機能系により統合される身体のあるべき姿を求める技法に、PRYTテクニックがある。

アプライドキネシオロジー(AK)では、PRYTテクニックを基本的な検査と治療に加えている。

PRYTとは、ピッチ(pitch)、ロール(Roll)、ヨー(Yaw)、ティルト(Tilt)の頭文字を集合した用語であるが、船舶や航空機の位置を示すための言語から採用した。
それを身体の傾斜や歪みに対応させて用い、それぞれの歪みの検出法と矯正法が考案されたのである。

c0113928_10253785.jpgPitchは、基本単位である頭部と骨盤が身体に対して前方あるいは後方に位置してる状態を意味している。

そのために、股関節の外転や屈曲運動に制限がみられることがよくある、とされている。

(掲載した図や写真は、「アプライド キネシオロジー シノプシス」(栗原修DC訳、科学新聞社刊、2008より転載した)

c0113928_10265396.jpgRollは、基本単位が横断面における傾斜という歪みとなって現れる状態を意味している。
Rollには、視覚性立ち直り反射が関与するとされる。

c0113928_10273844.jpgYawは、肩に対する頭部の回旋、足部に対する骨盤の回旋が存在する状態を意味する。

Tiltは、頚部の筋に由来する身体の一側性の傾斜である。

PRYTテクニックは、頚部と骨盤の固有受容器の検査によって確認されるのである。
頚部の小さな筋の1g中には約500の筋紡錘が含まれており、特に頚部の問題は体幹下部に及ぼす影響は大きいと見られる。

下の写真は、Yawの動態における抑制バランスの反射テストによる検査である。
c0113928_10282144.jpg

こうした身体の平衡機能系の問題は、身体治療の根幹をなす概念であろう。

昨日、記事にした「宮本式・新正体法」を概観すると、身体平行機能系を統合する方法論の一つに位置付けられるように思う。
c0113928_1271730.jpg
もっとも宮本先生の操法は、治療者の技法を応用する形で行う体操であるが、個々人が自らの身体調整を在宅で行うことができるということに公法としての意義を持つ方法であろう。

宮本式による「動診」は、とてもPRYTの検査にも通じる観方のように思える。

本の表紙の写真を見ても、PRYTの動態が見受けられるだろう。

リセット操法も軽微な刺激を身体に伝搬させることで身体平行系の機能を取り戻すことを狙っているように解釈した。

宮本先生の発想力、着眼力、そして弛まぬ努力が、独自の身体理論として世に出されたのだ、と思えてくる。
[PR]
by m_chiro | 2012-03-14 10:43 | センタリングの技法 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17659851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sansetu at 2012-03-15 10:01
先程「新正体法」著者の橋本先生から守屋先生がブログで取り上げて下さったとの報告を受け、急ぎやって参りましたが、いやあ世の中とは縁に満ちていますね。
そして平衡感覚と筋紡錘のお話、勉強になりました。
ところで三半規管が不可逆的失調を起こしたとして、筋紡錘や関節の各レセプターからの入出力情報処理系が(視聴覚障害者のように代替機能が)非通常的に発達(能力増大)する、というようなことは起こり得ると思われますか。
それと刺激入力レセプターの数はやはり身体部位の役割によって密度が違うのですね。言われてみれば当然だと思いますが、その視点は意識的に持っておくことが大切ですね。ツボとも大いに関連を感じます。頚部への一本鍼で腰痛が消えることをよく経験しますが、関連性を感じます。
Commented by m_chiro at 2012-03-15 12:52
sansetu先生、ありがとうございました。
縁を辿ると、人に輪は意外に狭いのかな、等と思ってしまいました。

刺激入力のレセプターの数は身体部位によって違うようですね。
三半規管の不可逆的失調も調整されてくると思います。それを行っているとても重要な部位が小脳で、小脳の持つ誤差学習能力が大きく関わっているものと思われます。

前庭系と交通する経ん片葉小節葉は前庭小脳と言われる古い脳ですが、出力情報の誤差を微妙に調節してくるに違いないと思います。
人型ロボットの研究者も、この小脳の仕組み取り入れて開発を進めているようですね。
入力情報が遮断されても、物を掴む能力が発達するのも誤差学習があればこそのようです。だから、視覚情報が遮断されても出力系を発達させることができるのではないでしょうか。
先生の記事から、「エピジェネティクス」についてとても興味深く読ませていただきました。
これも感謝です。
Commented by sansetu at 2012-03-15 17:15
先生、レスありがとうございました。
ということであれば、リハビリも諦めてはなりませんね。血行を良くする体操くらいに考えて一生続けていれば、ある日とんでもない量質転化の起きる可能性もありですよね。
Commented by m_chiro at 2012-03-16 11:55
sansetu先生、急ぎで書いたら打ちミスだらけでした。
「人の輪」を「人に輪」となっていたり、「前庭系と交通する経路は」を「前庭系と交通する経ん」、?ですね。

リハビリによるあるべき入力情報を入力し続けることで誤差学習され、出力系が変化することを考えれば、「ある日とんでもない量質転化の起きる可能性」は否定できないでしょうね。
<< 妊娠中は携帯電話などから放射さ... どこかで見たような、聞いたよう... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ