不活動と過活動
雪かきで一日が始まり、雪かきで一日が終わる。
そんな日が連日続いている。時には、昼休みも雪かきをしないといけない。
力仕事をすることもなくなった身体には、これが結構こたえる。
筋肉もバリバリに張ってきて、そんな時は近場の温泉にでかけて身体を温めるのが何よりの養生になる。

昨日、その温泉で患者さんにバッタリと出会った。
1か月ほど前に、腰から左膝窩までの痛みを訴えて治療にみえた青年である。そんな痛みが2か月も続いているらしく、かばった歩き方をしていた。整形外科で「椎間板症」と診断され、鎮痛薬と電気治療を続けてきた、という患者さんだった。

やあ、やあ、と声をかけあったら、「注意されたことを守って、教えてもらった運動をしていたら、あれからすっかり良くなったんですよ。あんなに痛みが続いていたのに、すごいですね」とホメられた。

確か、2回ほどの治療だった。でも、すごいと言われるほどの治療はしていない。
腰部から左大腿外側の後方にかけて停滞した軸をリリースしただけである。
その時に、この痛みのために何か特別なことをやっていないかと尋ねたら、「毎日、温泉に行っている」と言っていた。
「温泉でジェットバスを当てたりはしていないか」と聞くと、「毎日、ジェットバスで腰を20分はマッサージをしている」と話していた。

「それは止めてください」とアドバイスした。整形外科で電気治療を行い、その上にジェットバスでの刺激を連日繰り返していたことになる。腰部の前弯も減少していて、歩行でも前傾ぎみである。当然、体幹の伸展可動が制限されている。過剰な刺激で腰部の筋も弛んでいるので、体幹軸を鍛えるエクササイズを指導したのである。

この青年はデスクワークで、どちらかというと活動性が不足している。さらに腰部の筋肉へはジェットバスによる集中刺激が行われている。肉体労働での筋のこわばりにはいいかもしれないが、この連日の刺激は不活動の筋肉にとっては過剰になる。止めるように指導すると、「あれは気持ちがいいんですよ~」と不満顔だった。

エクササイズは、可動性が失われている部位に「動き刺激」を与える運動を教えた。そのための動き刺激は与えるほどによい。Ⅰa神経を活動させてやることである。ずいぶんと単純な指導とアドバイスを与えただけなのだ。「椎間板症」なんて関係ない話なのである。
ただし、その運動で末梢への関連痛が起きないことが条件である。関連痛が起きるということは、その運動による刺激が筋筋膜トリガーポイントを活性するからで、こうしたケースでは関連痛が消失する動き刺激が求められるからだ。

痛みのリスクに活動性が関わっていることは明らかである。
不活動と過活動では共に痛みのリスクが高くなる、と報告されている。活動レベルが低下したからといって、機能や能力が障害されることとイコールではないが、痛みのリスクは大いに高くなるということである。

例えば、横軸(左端を不活動に、右端を過活動)、縦軸(痛み発生の低リスク下方に、高リスクを上方に)を設けて、運動の強度と頻度で調査すると見事なU字型の曲線が描かれるのだそうである。

要するに不活動と過活動は、等しく痛みリスクが高い。そうなると痛みの低リスクは、U字型の底の部分に相当する運動量と頻度がいいわけで、それは軽めの活動性ということになる。
エクササイズの種類はどうあれ、患者さんにとっては、ごく軽度で習慣化しやすい方法が望まれるのである。出来ることから無理なく始める、ということだろう。呼吸が乱れるようなら、そこが止め時かもしれない。制限されている動き刺激を入力することが必要なので、過度にならないように注意しなければならないだろう。

患者さんは、TVの健康体操やらの情報を得ると、とにかく一生懸命に頑張り過ぎる傾向があるようだ。普段は運動することもないのに、これがいいとなると頑張り過ぎて痛みをつくる人が多いように思える。

痛みをかかえる患者さんの自己管理の極意は、ごく軽度で習慣化しやすい頻度であること、制限のある動き刺激から始めること、その運動によって関連痛が誘発されないこと、これらを指標にすることだと思う。
[PR]
by m_chiro | 2012-02-02 12:07 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17386482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 痛みは脳の中にある⑦ 痛みは脳の中にある ⑥ >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ