痛みは脳の中にある ⑤痛みが医療に残した課題
痛みは脳の中にある 
⑤痛みが医療に残した課題


医療では、EBM(根拠に基づく医療)にしたがってエビデンスが求められる。
ところが、痛みはあくまでも主観的な感覚である。だから、誰もが同じ痛みを共有することはできない。その上に「痛みの定義」にも示されたように、情動・認知の側面を持つ。このことが痛みの定量化を一層困難にしている。

共有できない痛みが医療に投げかけた課題、それは痛みをどう評価するかというテーマでもある。「痛みの評価」は、医療サイドにとっても安易な問題ではない。足枷になっているのは医療が求める「根拠」にあるようにもみえる。

医療サイドが強調する根拠とは、どのように作られているのだろう。
それは、まぎれもなく「観察」だろう。何を観察するのか。おそらくは「身体」ではない。そう言えば語弊があるかもしれないが、「身体」と言うよりは身体を「画像化」したものだから「身体そのもの」ではない。

それから「数学」である。定量化された、あるいは統計に基づいた数字であろう。この数字が、身体の機能的側面の根拠をつくる。要するに「標準化された身体」である。この標準化された身体は「不変」なものとして存在する。医療者の頭の中に存在し、フォーマットされている。

だから医師は直接「身体」を観察する必要性を、先ずは感じないのだろう。何しろ「標準化された身体」というこの「不変なモノサシ」があれば、観察ができるからだ。この「モノサシ」で測ればいい。何を測るのか。あがってきた画像やデータを測るのである。実際の「身体」は、ここでは不要である。

何しろ実際の身体というやつは個性的である。ひとつとして同じではない。変化に富んでいる。そんなものは測定の邪魔である。標準化されたモノサシの範疇にあればOKだ。モノサシから外れた機能は、モノサシ内に収める対策が講じられる。また器質的な外れは、それが将来的にも重大な問題を残す可能性が予測されれば、外科的に対処される。すべては「不変」な数字や画像が支配している。

我々のような徒手療法家には、「標準化」された普遍的な身体はないと言ってよい。だから、実際の身体に直接あたって「変化」を見ている。「変化」を見るのは、その治療家の感覚だから、厄介なことに同じ結果になるとは限らない。そこが独善的だ、と批判されたりする。我々にとって感覚は不可欠な素質であって、だからこそそこを磨きこまなければならない。

医療とは本来「対面」であったが、今では「対データ」になった。
だから「顔も合わせてくれない」と批判も出る。画像やデータに向いていれば事足りるのだから、直接患者さんをじっくりと観察することもないのだろう。

さて、この根拠を求めようとする医療サイドの性は、痛みというエネルギー系に対しても客観化された証を探すようになる。ところが、エネルギー系は画像に写らないから厄介である。そこで、理屈に合わない根拠もまかり通ることになってしまうのだ。

「痛みの評価」が第5のバイタルチェックとされた今、一体「痛み」をどう評価し測定すればいいのだろう。これは、痛みが医療サイドに残した課題である。
[PR]
by m_chiro | 2012-01-16 09:23 | 痛み考 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17320975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-01-20 14:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m_chiro at 2012-01-22 20:10
鍵コメ様 はじめまして。
いろいろ有難うございます。
どうも具体的なイメージが描けません。
差支えなければ、具体的に教えていただけますか?
<< せめてボランティアの役に立てた... 寒空に「氷の世界」を聞きながら >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索