今さら!?...「ためしてガッテン」(NHK)
先日のNHK「ためしてガッテン」の放送内容は、今更ながらの内容だった。

要するに、散々言われてきた腰痛の犯人が、実は椎間板ヘルニアではなかった、ということ。
85%が非特異的腰痛で原因が特定できないものであること。
そして、「その犯人はストレスだった」、ということに尽きる。
c0113928_1662336.gif

その番組の再放送(「驚異の回復!腰の痛み」)が、11月23日(水)午前0時15分~1時00分にあるそうだ。

「椎間板ヘルニア、そんなの関係ない」は、整形外科医として加茂先生がもう10年も前からブログを通じて発信し続けてきたことである。
「NHKさんよ、「腰痛の85%は原因不明」はもうそろそろやめにしませんか」の加茂先生の言い分もよく分かる。

学術誌にも椎間板ヘルニア責任論は度々反証されてもいる。
そうなると椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる原因説の10%も怪しいわけで、実質95%が原因不明ということになるだろう。
でも、番組の中ではこう言っていた。
「5%の中に本当の椎間板ヘルニアがあるのです」。

本当のヘルニア? 
偽物のヘルニアってあるわけ?

痛みを出すのが本当のヘルニアと言うなら、その痛みを出しているという根拠は何?
おかしな物言いいが続いていた。
今まで椎間板ヘルニアを散々叩いておいて、今度は手のひらを返したように否定している。
なぜ否定するのか、きちんと説明して欲しいものだ。

気になるのは、今度はそれをストレスのせいだと断じていることである。
確かにストレスは重要な要因であろうが、大切なことはストレスによって身体にどういう生理学的現象が起こるのかを解説することではないだろうか。
そうでないと、犬を飼えば腰痛が治る、と思われかねない。

身体の生理学的機能性がなおざりにされ、心理的要因だけがクローズアップされる現象は、腰痛ヘルニア説の対局にある言い回しに過ぎなくなる。
そのことを心配しないではいられない。
[PR]
by m_chiro | 2011-11-19 16:08 | 痛み考 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17111820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心療整形外科 at 2011-12-09 08:49
タイトル : 「5%の中に本当の椎間板ヘルニアがあるのです」これ明らか..
今さら!?...「ためしてガッテン」(NHK) 50年に一度の大発見なんかじゃありません。 私は10年前から、HPで、ヘルニアや脊柱管狭窄が腰痛や下肢痛の原因ではないことを訴えてきました。 痛みの生理学から、どうしても納得のいく説明が得られないのです。 医師が最も嫌う「やった→治った」だから、それが原因だったという理論でしかないのです。 「やった→治らなかった」この場合はいろんないいわけが用意されています。 50年に一度の大発見というのは、今までのことを丸く収めよう...... more
Commented by sansetu at 2011-11-25 20:31
http://drshujisato.blog.fc2.com/
これ、脊椎外科医からの反論なのですが、せめて一言くらい痛みの生理学の立場から反論して欲しかったですね。これでは非科学的なただの経験論でしかありません。
Commented by m_chiro at 2011-11-25 22:39
反論文、読んでみました。
確かに、経験論、現象論の範疇を出ない反論ですね。
生理学的な根拠をぜひお聞きしたいところです。
<< 電気刺激鎮痛法の仕組みを考えてみた 痛みを恐れずに体を動かすことの意義 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ