バタバタの日々
11月3~5日までの科学新聞社主催・ケリー・ダンブロジオのセミナーで勉強してきました。
「内蔵マニピュレーション」?
う~ん、胡散臭くない?

この手のセミナーへの参加は、正直、参加意欲が湧きませんでした。
でも、受講していたDr.ケリーの「筋膜・頭蓋膜リリースⅠ~Ⅳ」シリーズの最終レベルのセミナーです。出ないわけには生きません。

私は膜系リリースを行いながらも、本格的なオステオパスのセミナーを受講したことがありませんでした。それで、ここ数年間、Dr.ケリーのセミナーに学んできたわけです。

Dr.ケリーは、冒頭から、「私の内蔵マニピュレーションは、直接的に内臓治療を行うものではない」と断言していました。内臓の支持組織である内臓膜や支持膜、支持靭帯の緊張をリリースすることで、内臓にかかる負荷を解放する手法です。緊張した内臓膜がリリースされることで、周辺に停滞した体液循環系を賦活させる手法とでも言えるでしょうか。
それなら納得です。

今週はまた、所属するカイロ団体からの依頼で「カイロプラクターのための痛み学」について話をすることになっています。スライド作りがやっと終わりました。100枚のスライドになりました。ちょっと多すぎたかな。。。
セミナーの直前にやっと間に合わせるのですから、怠慢もいいところです。
しかもスライド量が多すぎてバタバタしそうです。

CPは度々フリーズして泣かされているし、明日は砂川直子さんのリサイタル。
楽しみなのはリサイタルだけ。
直子さんに元気をもらって、セミナー講演を頑張ることにします。
それにしても、当日は5時起きして飛行機に乗り、午後一番に講演がスタートです。
ちょうど眠くなりそうな時間だなぁ~...どうなることやら。

c0113928_10551640.jpg

[PR]
by m_chiro | 2011-11-10 10:56 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17076702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bancyou1965 at 2011-11-10 12:40
守屋先生、こんにちは。

内臓のマニュピレーションなるほどです。

先生の痛み学が生で聞けるのですね。
羨ましいな~。

事後報告になりますが、カイロジャーナル掲載記事をブログにアップさせていただきました。

これからも、色々学ばさせてください。よろしくお願い申し上げます。
Commented by m_chiro at 2011-11-10 22:33
bancyou先生、いつもブログで取り上げていただき恐縮です。
こちらこそ先生の記事に刺激されて前に進めているようなものです。
また、いろいろご指導ください。
<< 砂川直子さんの魅力バクハツ! ... ビタミンDはヒト型結核菌の増殖... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ