ビタミンDはヒト型結核菌の増殖を抑制するか?
保健所から、治療施設の衛生検査を実施する、という案内が届いた。
ついては健康診断記録も準備するように、と書かれていた。
数年間隔で実施される調査であるが、施設の衛生環境や感染症の患者が治療従事者でないか確認するのだろう。
感染症の眼目の一つは結核(TB)かな?

先日、結核菌を抑制するビタミンDの研究を目にした。
「HealthDay News 世界の健康最前線」

“Science Translational Medicine”のオンライン版に掲載された研究である。
「(10/25)ビタミンD、免疫に重要な役割」

免疫におけるビタミンDの役割を明らかにしている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)での研究で、ヒト型結核菌の死滅あるいは増殖を防ぐことにどんな要因が関与するのかを研究調査したものである。
今回、初めてインターフェロンγ(ガンマ)の有効な免疫反応についてビタミンD濃度との関係を明らかにしたのだそうだ。

基本的に身体には、感染と戦う能力が生得的に備わっている。
その重要な役割を演じるのが白血球・T細胞の免疫細胞である。
この能力を十分に機能させるには、ビタミンDという天然ホルモン濃度が環境条件として不可欠だと言うのである。
それは生得的な自然免疫系だけでなく、獲得された後天性免疫系でも同じらしい。

研究では、ビタミンD欠乏がなければTB菌が85%減少した、と報告している。
T細胞はインターフェロンを放出し、それが感染した細胞(マクロファージ)を活性化させTBを死滅させるカテリシジンcathelicidinなどの蛋白を産生し、この蛋白が確実に細胞内の細菌が生息する部位に直接的に送られるように作用することが判明した。


別の専門家の意見として、「皮膚色素のメラニンが、ビタミンD産生を減少させることが一因だ」だとして、「肌の色が濃い人のほうがTB菌に罹患しやすい」としていた。

化学工場としての身体では、いろんな内部環境の条件が影響するんだね。
[PR]
by m_chiro | 2011-10-31 16:18 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17038038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kosuke-n at 2011-11-01 00:22
私には約すことができませんが2007年の論文にも同じようなことが書かれていました。たまたまミネラルについて調べていたときにネットに出ていました。いつも勉強になります。またよろしくお願いします
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine
A Single Dose of Vitamin D Enhances Immunity to Mycobacteria
Commented at 2011-11-01 11:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m_chiro at 2011-11-01 22:03
西村先生、手広く勉強されていますね。
いつも感心してみています。
開業も大変でしょうが頑張ってください。
応援しています。
Commented by m_chiro at 2011-11-01 22:12
鍵コメ様、後日メールします。_(_^_)_
<< バタバタの日々 お知らせ >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ