「科学者は批判的で懐疑的であるべきだ」エルンスト教授の教訓
食品安全情報blog「懐疑主義の遺産」
2011年5月30日の「Nature news」に掲載されたエルンスト教授へのインタビュー記事の内容の一部が紹介されている。
”A legacy of skepticism”(懐疑主義の遺産)という記事内容である

世界で最初に代替医療の教授になったエルンスト(Edzard Ernst)博士が辞任することになった。
そのエルンスト教授に、Daniel Cressey記者がインタビューした内容である。

エルンスト教授はホメオパシー、鍼灸、ハーブ、マニピュレーションの代替医療を専門としてきた。ホメオパシーについては博士号を持つ。
そのエルンスト教授がインタビューで、「ホメオパシーはとても意味がないことがわかった」と語っていた。

そんなエルンスト教授の姿勢が、ホメオパシーを信頼し支援している英国王室の意にそぐわなかったのだろう。エルンスト教授の辞任をめぐっては、チャールズ皇太子から大学側への圧力があったという風聞すらあるようだ。
もしも、そのことで大学側が皇太子の意向を反映させたのだとしたら医学教育の危機でもあろう。

インタビューの中で、次のように語っている。
「科学者は批判的で懐疑的であるべきだと私は信じているので、科学を使う場合にはあなたが望んだことが正しいことを証明するためにではなく、それが正しいかどうかを調べるために使うべきだと考える」

徒手療法の現場では、摩訶不思議な身体現象によく遭遇する。
エルンスト教授の教訓を我が身に当てはめると、
「摩訶不思議な現象を証明するために科学を使うのではない。それが正しいかどうかを調べるために科学の知見を使うのだ」ということになろうか。

どっちも同じようなことではないかと思うだろうが、この紙一重の差が代替医療の世界では重要なのだ、とエルンスト教授は語っている。

菅内閣時代に「バカ+バカ=バカ」と言っていた政治家がいた。
あまりにも愚劣な考えを持つ政治家をいくら集めても、愚劣は愚劣だ、という意味だろう。

徒手療法での不思議現象を似非科学で証明しようとしても、「不思議現象+不思議科学=摩訶不思議」である。
それ以上にはならない。

「科学する者は批判的で懐疑的であれ」
この言葉も重い。
[PR]
by m_chiro | 2011-10-30 23:56 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17035920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sansetu at 2011-11-01 13:20
まったく同感です。
ところで陰謀論者にはホメオパシーを信じている人たちも多いようです。
陰謀論も元々は懐疑から出発していると思うのですが、他のことはともかくとしても、ことホメオパシーに関しては、突っ込みの仕方が甘いというか、自己希望的というか、科学的な批判精神が乏しいですね。なぜ実体のない(科学的整合性から逸脱する)ホメオパシーこそを陰謀論的に疑わないのかが不思議です。
Commented by m_chiro at 2011-11-01 22:25
sansetu先生、ホントにそうですね。
陰謀論者でありながら、「ホメオパシーこそを陰謀論的に疑わない」。
この不思議さこそがホメオパシー的で、もう信仰の世界というほかないですね。
<< お知らせ 「痛み学」NOTE49. ③T... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索