「痛み学」NOTE49. ③TrPの電気活動と責任TrPができる仕組み
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

49. トリガーポイントはどのようにして作られるのか③
③ TrPの電気活動と責任TrPができる仕組み


筋収縮のプロセスの中で、エネルギー危機に関わるのは前述した第1~3のステップにおいてである。
Travellは、ATPが不足(エネルギー危機)によって、過剰な筋収縮活動が持続すると考えた。
その基盤となる作用に関わるのがCaイオンとATPである。筋の外傷、微損傷、オーバーユースでも、筋小胞体からCaイオンは過剰に放出される。

筋の外傷が起こると周辺に痛覚物質が放出されるのだが、ここで問題とするのはCaイオンが過剰に放出されることによって起こる「拘縮:constracure」という現象である。拘縮では、活動電位なしで生じる持続性、非伝播性の可逆的収縮が起こる。
要するに、「拘縮」は「筋収縮」と違って、中枢神経系の介入による制御を受けない現象だということだろう。

ATPがなくなると、アクチンとミオシンは硬く結合した状態になり、引っ張っても伸びない状態が作られるのである。またATP不足は、アクチン周辺に放出されたCaイオンが筋小胞体へ取り込まれるのを阻む。だから収縮が続く。拘縮ができる。

この拘縮によって、血流が悪くなる(虚血)。痛みが出る。更にエネルギー危機が増大する。血流の障害はATP産生が減少するため永続化する。痛みの悪循環のはじまりである。

この「筋拘縮」の発展的病理こそが「索状硬結」のこととされてきたようだ。
確かに、トリガーポイントの特徴を単直に言えば「硬結」のことだろう。「索状」でもある。
しかも、電気生理学的に電気活動が計測されないのだそうで、電気的興奮による筋収縮とは違うことになる。だから「筋拘縮」と「索状硬結」は同類の表現である。

トリガーポイント仮説には、こうした曖昧な要素が随所にある。
だからメディカルの領域でも定着されにくいのだろう。臨床的所見が注目されているが、組織学的・生理学的研究はこれからなのだろうと思う。

ところ近年、トリガーポイントから電気活動を記録した研究が出てきた。日本では、川喜田健司先生らの率いる明治鍼灸大学・生理学教室における研究はその筆頭である。その電気活動の波形が、運動点(運動終板)で計測される波形に類似しているのだそうだ。
だからと言って、TrPが運動点だけに出来るわけではない。ここも曖昧である。

そもそも「運動終板説」が出たのは1993年で、D. R. HubbardとG. M. Berkoffの仮説とされる。筋紡錘に分布する交感神経の刺激で活動電位が発生し、反射性にシナプス内にアセチルコリンが過剰に放出される。すると筋の持続収縮が起こるのだとする仮説であるが、では圧痛のある硬結はどう説明するのだろう。

硬結部位からの電気活動は計測されても、周辺の筋組織からは計測されていない。
したがって筋紡錘での活動電位と考えたわけだが、「エネルギー危機説」と「運動終板説」の両者の欠点を補う形で、「統合仮説」が流通しているようだ。

「統合仮説」はTravellの共同研究者であるSimonsらの主張である。
実験的研究による根拠は、①トリガーポイントから計測される電気活動が終板電位に似ていること、②アセチルコリンを過剰分泌状態にすると索状硬結ができること、③運動終板では痛覚閾値が低い、ということのようだ。
c0113928_0354121.jpg

上の図は「筋骨格系の触診マニュアル」のものである。
この筋線維の拘縮は硬結のある索状になる。
これがセントラルTrPで、その部位のサルコメアは短縮している。
つまり中心に引っ張られている。
するとその前後のサルコメアは中心への引力を拡散できずに伸張される。伸張性の収縮が起こる。

この索状硬結によって、筋原線維の起始と停止にまで伸張する力が及ぶ。
この牽引力によって腱組織が障害され「付属TrP」が形成される。
また同じ筋内や他の筋肉にサテライトTrPも形成される。
これらの付属TrPは、セントラルTrPから随伴したものである。
だから、鍵を握る「責任TrP」とされるのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2011-10-22 00:38 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/17001150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タク at 2011-10-22 21:54 x
こんにちは。

なかなかネット上にない、最近の黒岩共一先生のお話。
結局、私の書いたりした事って、治療家の方とかから、世間話的に聞いたことだったりするのです。おおもとは黒岩先生のお話だったと…。

直接、黒岩先生にお聞きするのが、いいのですが、ちゃんと大学に入学しないと(^_^;)。
ただと言うわけには…。
http://mie.harikyu.or.jp/houkoku_110605.html
こんにちは。

なかなかネット上にない、最近の黒岩共一先生のお話。
結局、私の書いたりした事って、治療家の方とかから、世間話的に聞いたことだったりするのです。おおもとは黒岩先生のお話だったと…。

直接、黒岩先生にお聞きするのが、いいのですが、ちゃんと大学に入学しないと(^_^;)。
ただと言うわけには…。
http://mie.harikyu.or.jp/houkoku_110605.html
Commented by m_chiro at 2011-10-25 09:12
タクさん、こんにちは。
黒岩先生情報ですか。今度、勉強してみます。
鍼灸のテクニカルな方法が述べられているように思いましたので、部外者の私は後回しにしていました。
勉強します。(#^.^#)
<< 「科学者は批判的で懐疑的である... 「痛み学」NOTE48. トリ... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索