「万理一空」
琴奨菊が大関に昇進することになり、その伝達式での口上で「万里一空」という四字熟語を引用して返礼したと報じていた。
この言葉は、宮本武蔵の「五輪書」に出てくる一節らしい。

「万里一空の所、書きあらわしがたく候へば、おのずから御工夫なさるべきものなり」。

武蔵が言うには、「万里一空」については書き表すのが難しいから自分で考えなさい、ということのようだ。
そんなわけで、「無我の境地」とか、「どんな理論や道筋も行き着く先は一つ」、「迷うことのない境地」などなど、いろいろ解釈されている。

「五輪書」も、昨今では「オリンピックの本」と思っている若者もいるらしい。そこまでいかなくても、「万里一空」は耳に新しい言葉だった。
私も琴奨菊になったつもりで勝手に解釈すれば、「迷うことなく只ひたすら、ガブリ寄りを極めよう」といったところだろうか。

いろいろ不祥事が重なり、また日本人の強い力士が出てこないこともあってか、相撲人気に陰りがでていた時に明るい話題だった。

相撲と言えば、酒田に在住して活躍する漫画家がいる。
佐藤タカヒロさんという方で、今は「少年チャンピョン」に「バチバチ」という相撲漫画を書いている。それが2年前に単行本になった。
c0113928_2365121.jpg

デビューは、やはり少年チャンピョンに連載した柔道漫画「いっぽん!」で、高校柔道部の活躍を描いた。

相撲をテーマにした「バチバチ」は相撲人気に陰りが出て来た頃からの作品だけに、どんな評価がされるか気になっていた。が、本人は只ひたすら相撲の魅力を一人の青年力士を通して書き続けてきた。
それが、単行本も11巻になった。
自分の求める道を只ひたすら描き続けている姿にも「万里一空」の言葉がダブった。
ひそかにエールを送りたい。
[PR]
by m_chiro | 2011-09-29 23:11 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/16913522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 侵害受容性疼痛の5段階位相 すっかり秋の気配に本を読む >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索