痛みは脳の中にある②
② ありのままを、そのまま受け入れることからはじめたい

まったく個人的な体験、とされる「痛み」。
誰もが同じ痛みとして共有することはできない、とされる「痛み」。
このことは痛みの患者さんにとっても、また治療する側にとっても、双方に重たい問題を突きつけている。

「自分の痛みを分かってもらえない」、あるいは「原因を特定してもらえない」という患者さんの苦しみには、計り知れないものがあるだろう。これが痛みを蔓延させる一因となり、痛み治療に対する不満となって現れる。痛みを抱える患者さんは、きちんと対応してくれる医者を求めてさまよう。その心情は察するに余りある。

一方、治療する側にも迷いがある。共有できない痛みをどう評価し測定するかさえ、医療の間で共有されているとは言い難いからだ。治療家も、ともすると自分の概念を患者さんに押し付ける。あるいは、その概念の中に押し込んでしまいがちになる。

2004年のことである。ある女性の患者さんとの出会いがあった。2008年に、その体験を記事にした。(「私の考えるケア」① ある患者さんとのエピソード)

その患者さんは、4年ほど前に他県から来院した33歳の独身の女性である。慢性腰痛のためにあらゆる治療を経験してきた人であったが、30歳のときに鍼治療を受けた。その時に腰にうった一本の鍼がとても痛かったそうだ。

それ以来、鍼を刺されたところが痛み出し、長時間の立位や重いものを持つのが困難になってきた。彼女は本屋さんの店員さんだったが、結局仕事も辞めざるを得なくなり家に引っ込むことになったそうだ。それ以来、今度はその鍼の痕の痛みを治すためにジプシーを続けて3年経ったという患者さんである。

運動分析をすると制限されている動きがある。しかし、彼女は全方向の動きで鍼を刺されたところが痛むと訴える。「ここです。ここ! 針を刺した痕が残っていませんか?」と食い下がる。

「3年前に刺した痕が残っているわけがないでしょう! それより動きの制限されているところを調整してみましょう。それで痛みがどう変化するか見てみましょう」。

数回も治療すると、制限された動きもなくなりスムーズに動けるようになったが、彼女はやはり全方向の動きで痛いと訴える。変化はないと言う。「鍼を刺した痕がないですか? ここのところなんです」。

鍼をした痕という部位にもズレがある。慢性的になれば、多シナプスになるので漠然とした部位になるのはしょうがないことだろう。私としては痛みの可塑的な変化が起きている可能性を考えて、運動と行動の認知療法を取り入れてみることにした。

痛みと治療の情報を与えて、在宅でのエクササイズを指導したのだが、結局「痛くて運動は出来なかった」らしい。では段階的に行おうと、最も簡単な動きのプログラムから始めることにしたのだが、それでも痛くてできない、と言う。最終的に重力負荷を軽減させて、プールでの運動を指導した。

「痛いからといって家にじっとしているのは良くないよ」と励ましながら進めたつもりだったが、それ以来彼女はプツンと音信不通になった。。

それから4ヶ月も過ぎた頃、突然、彼女からの電話があった。「健康診断で眼底検査を受けたら、その光が強烈で目を開けられないんです。まぶしくて。診てもらえますか?」と言う治療依頼だった。窓の明かりもまぶしくてカーテンを閉めて暮らしているのだそうだ。

そんなことよりも、私には腰痛のその後が気になったので「ところで、腰の方はどうなったの?」と聞いたら、「腰は治ったんです」と言う。

「どうして治したの?」と聞いたら、「先生、信じられないでしょう」。

「本人が治ったと言うんだから信じますよ。どうしたの?」。

「実は近所の接骨院に行ったんです。そしたら見つけてくれたんです。鍼を打ったところを」。その接骨院の先生は「ここだ、ここ。これが鍼の刺した痕だ。これは少し長くかかるが、うちに最新の電気の器械があるので、毎日これを続ければ1ヶ月くらいで良くなると思うよ」、と言われたらしい。それで、彼女は毎日電気治療を続けた。
「そしたら、ホントに1ヶ月ほどで治りました」。

この患者さんの時ばかりは、いろいろ考えさせられた。私には最新の電気の治療器器はないが、身体機能についてはかなりきめ細かく対応したという自負はある。痛みの可塑性の問題についても情報を与え、運動や行動の認知を促す方法も正攻法で伝えたつもりだった。引っ込みがちな彼女を励ましながら、前に進める方法を伝えのである。結果的に、私が伝えたものは彼女の痛みに何の変化も与えることができなかった。ところが、その接骨院の先生は鍼の痕まで示したようだ。本当に痕を見つけたのか、何か意図するものがあってそう言ったのか、それは私には分からない。

ともかく、私は「そんなことは、あり得ない」と否定し続け、その接骨院の先生は鍼の痕まで示して彼女の言い分を認めたのである。そして、彼女の痛みを見事に消したのである。

私は、その患者さんとのエピソードを通して、「痛みを評価するための心得」を学んだ。
それは、患者さんの訴えは「すべて患者さんにとっての事実」として受け入れよう、というスタンスだった。
「そんなことは有り得ない」、「正しくない」、「間違いだ」などと、一切の評価をすることなく、「そのまま受け入れる」姿勢である。
患者さんは自分の状況や病状を一番よく知っているはずなのだ。
先ずは、その事実をそのまま受け入れよう。
「痛い」と言われれば痛いのだ。
痛みを評価するための第一歩は、そのまま受け入れることからはじめよう。
そう、強く思った。
患者さんの事実を否定しても何も生まれない。
「受け入れる」ことの大切さを思い知らされたのである。
[PR]
by m_chiro | 2011-09-06 01:02 | 痛み考 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/16817349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひつまぶし at 2011-11-23 10:22 x
守屋先生、こんにちは。いつもひそかに拝読しています。
この日のブログ記事には、考えさせられることが大きかったので、この2ヶ月間何度か拝読しました。いろいろと気づくことがあります。
これからも、のぞかせていただきますのでよろしくお願いいたします。

あ、私はタクさんの音楽の大ファンで、そして光栄にもsansetsu先生と生まれ年が同じであります。
え? お二人との共通項は、たったそれだけかい? って?
そのとおり! でも私にとってのうれしい重大なる事実であります(^^)
Commented by m_chiro at 2011-11-24 15:05
ひまつぶしさん、はじめまして。
私の反省文、何かお役に立てたらうれしく思います。
拙い記事ばかりですが、こちらこそよろしくお願いいたします。

タクさんの音楽フアンとか。タクさんがフリーダ・カロの絵に寄せてくれた音楽、とても心に響きました。聴いていただけましたか。。。。
とても感性の豊かな方のようですね。
タクさんのことはよく存じ上げてはいないのですが、いただいたコメントに勉強させられています。私には、ありがたい存在です。

Sansetu先生も尊敬する先生で、私もひまつぶしさんとの、それだけの共通項で十分に親近感を感じます。

また、何かとご指摘ください。
Commented by タク at 2011-11-24 23:53 x
あら、ひつまぶしさん。ROMってらっしゃたのは、存知上げてましたが、ついにご登場ですね。
心療整形外科のご意見番でもいらっしゃって。

m_chiro先生
またぁ~、とても響くとか感性が豊かだなんて、照れます。(●^o^●)

お調子モノですから、そんな事おっしゃたりしたら、また新ネタを。

作曲:タク
タイトル:
「村山の秋」 日本のどこかの里山の晩秋をイメージしました。
http://youtu.be/E0sPAKrVokY

「村山の秋(燃える秋編)」 アレンジャーとしてもどうかなと挑戦してみました。
http://youtu.be/f-QYAb30R48
Commented by sansetu at 2011-11-25 15:10
守屋先生、「ひまつぶし」さんではなく「ひつまぶし」さんです。
スミマセン、分かりにくい芸名で。
この痛みのエピソードは本当に重要ですね。私は痛みの臨床の半分は、まさにこの問題をどうやって解決するか、だと思っています。
Commented by m_chiro at 2011-11-25 22:19
タクさん、いいアレンジでした。
里山の晩秋、酒田の里山をイメージできて,私にもいい曲でした。

タクさんは、一体何者なの?
そんな思いが頭をグルグル回りしています。
Commented by m_chiro at 2011-11-25 22:22
sansetu先生、とんでもない失態をやらかしたようですね。
ご注意いただき有難うございました。
あのまま気づかずにいるところでした。
「思い込み」に、また又、反省です。
Commented by m_chiro at 2011-11-25 22:27
再び「ひつまぶし」さんへ。
「ひまつぶし」だなんて、大変、ご無礼をいたしました。
何しろ、こんなオチョコチョイですが、これに懲りずに、
よろしくお付き合いください。
「ひまつぶし」は私の方でした。ほんとに、ご無礼いたしました。
Commented by ひつまぶし at 2011-11-27 10:43 x
あああ~~~、守屋先生、まことにおそれおおいことです。
当の本人も老眼のせいか気づかずにいたくらいなので、、、、先生もどうかお気になさらず(^^;) 
「ひつまぶし」は、うなぎの細切れがおひつに入って出てくる、名古屋の唯一の名物です。私が名古屋人なもので、このような芸名を。
(sansetsu先生、これ、芸名っていうんですか・・・かっこよくペンネームとしておこう★)
守屋先生も、名古屋にお立ち寄りの際は、ぜひお召し上がりください。(・・・と、どさくさにまぎれてPR)

Commented by ひつまぶし at 2011-11-27 11:45 x
タクさん、「新日本紀行」の番組が復活したら、ぜひテーマ曲に推薦したいです。
里山が宅地造成されたり。駐車場になったり。『自然の叡智』『自然との共生』をテーマにした博覧会のために切り拓かれたり(何やってんだか)。
里山という言葉だけで、哀愁を感じてしまう私です。
晩秋はいいですね、晩秋から初冬の境目はどこなんだろう。

sansetsu先生!おひさしぶりです。
先生のブログが落書きコメント禁止になってしまって、さびしいです(´Д`。)
最近、佐渡で地震があったのではありませんか・・・?

sansetsu先生と「里の秋」を歌ったのが昨日のことのようです。。。。いや、ネットの上でのことですが。
いつか本当にナマの歌を聴きたいです。
Commented by ひつまぶし at 2011-11-27 16:58 x
あっ(@@) 今頃気づいて申し訳ない!
私、sansetu先生を sansetsu先生と入力していました!!
Sが余分でした。。。。さんせつ先生は、「S」ではなかったのですね★(^^)
どうか、お許しを。
Commented by m_chiro at 2011-11-27 19:55
ひつまぶしさん、胸のつっかえが取れた思いです。
うなぎの細切れがおひつに入って出てくるのですか。
おいしそうですね。名古屋の友人に案内してもらって食べたのは、名古屋コーチンの鍋と味噌カツでした。「ひつまぶし」という料理は初耳でした。
機会があれば、今度はぜひ食べてみようと思います。

sansetu先生と「里の秋」をネットで歌った。。。。。。。
随分、おしゃれな趣向ですね。
私の治療室にはsansetu先生の曲がBGMで流れています。
今度はタクさんのアレンジ曲も入れてみようと思っています。
<< 勝手に...、「愛と悲しみのフ... 痛みは脳の中にある① >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索