「痛み学」NOTE46. 筋肉はどのようにして縮むのか④
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

46. 筋肉はどのようにして縮むのか
  ④ 筋収縮の終了(最終ステップ)


筋収縮は筋節の区切りであるZ線が相互に近づくことである。
それはアクチンFがM線に到達することで成し遂げられるわけであるが、必ずしもM線で終わるわけではない。
そのラインを超えて収縮することもあるが、それは過剰な収縮である。

いずれにしても、筋収縮の終息は、「収縮せよ」のメッセージ信号が送られなくなることにある。
これは、アセチルコリンが運動点の間隙シナプスに放出されないことだ。

シナプスに残されたアセチルコリンは壊されて、運動ニューロンに再吸収される。
だから活動電位も発生しない。
当然、Caイオンは筋小胞体に放出されなくなる。
筋形質に残されたCaイオンは、ATPのエネルギー消費によって筋小胞体に再吸収される。

筋形質にCaイオンがなくなれば、アクチンFとミオシン双頭の連結が行われなくなり、筋収縮は終わる。使用済みの分子は再利用されるという無駄のなさである。

ところで、アクチンFとの連結橋が壊されなければ、筋線維は収縮状態が維持されることになり、筋は弛緩されなくなる。
これが困った状態をつくる。
要するに、トリガーポイントの発生仮説である「エネルギー危機説」の病態が作られるのである。

ともかく、こうした筋収縮の正常なメカニズムを押さえておけば、トリガーポイントの形成について理解しやすくなる。
[PR]
by m_chiro | 2011-07-13 23:21 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/16595241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タク at 2011-07-16 02:22 x
先生、連載有難うございました。

私の夏休みの自由研究です。動画で。 URLばかりですいません。


まずは、筋肉から筋線維へ。
http://www.youtube.com/watch?v=KG1JHW_q2VA&feature=related&hd=1

遠心性の神経末端でのインパルスが筋接合部でAChを放出。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=2xKaRmFR3Qw
http://www.youtube.com/watch?v=QO7WCNBaWuA&feature=related&hd=1

顕微鏡でみた筋とモデル化したもの。(う~ん、何語だろう?)
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&feature=related&hl=ja&v=Klq_6JaTBBs

Na+が筋小胞体のチャンネルを開きます。
http://www.youtube.com/watch?v=udO6IMlrCl4&feature=related&hd=1

T菅からCa++が流れ込みます。
http://www.youtube.com/watch?v=dLncDw36KEk&feature=related&hd=1
Commented by タク at 2011-07-16 02:23 x
Ca++とATPの放出。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&feature=related&hl=ja&v=Vlchs4omFDM

エネルギーであるATPがミオシンヘッドを動かす。
http://www.youtube.com/watch?v=WRxsOMenNQM&feature=related&hd=1

まとめ。
http://www.youtube.com/watch?v=XoP1diaXVCI&feature=grec_index&fmt=34&hd=1

http://www.youtube.com/watch?v=gHjrpaRUtJU&feature=related&hd=1
http://www.youtube.com/watch?v=lbUHlEPSoXs&feature=relmfu&hd=1
Commented by m_chiro at 2011-07-17 23:04
タクさん、これまでの記事を分かりやすく解説した動画を探していただいて有難うございます。

一つ一つ見てみましたが、簡単にでも基本的な仕組みを押さえておくと、動画を見ているだけでもよくイメージできます。

有難うございました。
<< 動画「筋収縮のメカニズム」に関連して 「痛み学」NOTE45. 筋... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索