慢性腰痛の過剰診療、引き時か?
Overtreating chronic back pain: time to back off?

最も一般的な 患者愁訴は慢性腰痛である。
その蔓延と影響が、検査と治療の範囲を急速に膨らませている、と警告している。

中には、良く実証されていないものが指示され、使われている。
有効性や安全性についても不確実に導かれて乱用され、合併症が増加している。
c0113928_0591873.jpg

最近の研究では、硬膜外ステロイド注射のためにメディケア出費の629%の増加が証明されている。腰痛に対するオピオイド鎮痛のために423%が増加。老人医療保険制度の受益者での腰部MRI検査は307%の増加;脊椎固定術外科手術レートで220%増加している。

入手できる限られた研究が示唆しているのは、これらの増加が患者のアウトカムあるいは障害の割合における母集団レベルに改善がみられなかったということだ。

多くの治療に対するより厳しい単独の試験、慢性痛のための方策と新薬のポスト・マーケティングの監視機構の認可を規定するスタンス、慢性腰痛管理における慢性疾患モデル、疼痛メカニズムのベーシック・サイエンスの理解が必要とされている。
c0113928_113262.jpg

慢性腰痛に対するMRI検査やオピオイド鎮痛、硬膜外ブロック、脊椎固定術の割合が1994年から6年~10年間に急増している。
これに対して、1996~2005年の10年間で循環器や呼吸器症状は減少傾向にあるものの、筋骨格症状は上昇している。

明らかに過剰診療で、引き時ではないか?
と、この論文は主張している。
[PR]
by m_chiro | 2011-06-28 01:04 | 痛み考 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/16527608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by junk_2004jp at 2011-06-29 22:31
<span style="line-height: 1.2;"><font size="5">MPSは太古の時代からあったことでしょう。

現代よりもMPSに関してはうまく対応してきたのではないでしょうか。

そこには神経、椎間板、軟骨というような言葉も概念もなかったことでしょう。

現代医学の失敗は画像上でそれらが傷んでいくのをみること人類はいろんな方法でMPSの治療をしてきました。

ブッシュマンは木のトゲを利用したということを学生時代に麻酔科の先生から聞きました。

蜂を利用する治療もります。

どの時代の人もどの地域の人もきっとができてしまったからです。そしてそれが痛みの原因だと錯覚したのです。

守屋先生のブログの図をみてください。筋骨格系の病気はだんだんふえていってます。</font></span>

Commented by m_chiro at 2011-06-29 23:49
加茂先生のご指摘の通り、
画像のない時代の方がMPSに対応してきたであろうことは、
筋骨格系症状が右肩上がりに増加しているグラフからもよく分かります。

先生が長年にわたり主張されてこられたことの根拠が、
今後も次々と出てくるように思えます。
先生にご教示を頂きながら、確信を深めつつあります。
いつも有難うございます。
<< 急性腰痛の治療―安静臥床、エク... 腰痛の概念的変化について:菊地... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索