「痛み学」NOTE42. 遅発性筋痛のメカニズム 
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

42. 遅発性筋痛のメカニズム

われわれが臨床で経験する関連痛の多くは、更に遅発の時間が長いように思える。
そうなると、神経学的な仮説とは違う機序を考える必要がありそうだ。
典型的な遅発性筋痛については、筋線維の傷害に関する説がある。

筋の収縮は3つのタイプがある。
等尺性収縮、短縮性収縮、伸張性収縮の3タイプである。
遅れて出る筋痛は、等尺性に収縮した筋肉が伸張性収縮されたときに現れやすい。
例えば、階段を下りる、下り坂を駆ける、登山など下りの動作では、大腿四頭筋や下腿三頭筋は筋長を長くして力を発揮することになる。

そうなると運動の3~4日目に、筋肉組織から逸脱酵素のクレアチンキナーゼ(CPK)や、筋線維に酸素を蓄えるミオグロビンの血中濃度がピークになり、筋の傷害や炎症に働きかけることになる。これが遅発性筋痛の原因となる。

また、筋線維3種の中でもFG線維は最も太い線維である。
このFG線維は白身で無酸素性にATPがエネルギーを作り、速い収縮を行う。

また、解糖系酵素活性を行うのでグリコーゲンが多く、ミオグロビンは少ない。

FG線維は、伸張性収縮で損傷しやすい筋線維でもある。
この線維は約10分位の活動で疲労する。
ATPが少ないので元の状態に戻りにくく、筋が硬くなりやすい。
他の2種類の線維が活動し続けると、FG線維はその動きに引っ張られて損傷しやすい状態となる。
そこで一旦損傷すると、遅発性に筋痛が起こるというわけである。
[PR]
by m_chiro | 2011-06-09 20:55 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/16447077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タク at 2011-06-11 00:26 x
こんにちは、先生。
Eccentric Muscle ContractionとかDOMSの話題、好きですw。 変でしょうか?>私。(^^

色々な話が有りますね。今だに乳酸だとか私は整形外科医に言われましたけど、情けない。。医者なのに。

やっぱり水村和枝先生、川喜多健司先生を筆頭にその他、大勢。この方たちが好きです。
http://www.riem.nagoya-u.ac.jp/4/drof1/nr/muscleWS04/Poster_PDF/Poster_Abst.pdf
http://ueharazaidan.yoshida-p.net/houkokushu/Vol.23/pdf/034_report.pdf
Commented at 2011-06-11 00:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m_chiro at 2011-06-12 22:51
タクさん、また、興味深い情報を頂き有難うございました。
抄録を読んでいるだけでも楽しめます。
筋学も極く近年にやっと分かってきたものがあって、新しい領域の学問だと思います。だから、医学部で教わらないのでしょうね。
筋学をしっかり勉強しなければ。。。。と思いました。
また、面白いものがありましたら教えてください。
<< 「そんなの関係ない」を、分かっ... 「痛み学」NOTE41. 遅発... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ