被災地に,春はいつ来るのだろう。
治療にみえている老御夫婦がいる。お爺さんは庭師で、お婆さんは園芸鉢物の行商をしている。
お二人とも小柄で相当の年輩だが、とてもお元気である。
お婆さんの方は、小さな体で幌のついた大きなトラックを自在に操って運転して治療にみえる。
治療室の狭い駐車場だが、上手に出し入れする。

昨年の秋のことである。
そのお婆さんが帰りがけに商品の鉢物をくれた。
見ると鉢には何も植わっていない。「福寿草だ。今は何も出てないが、その辺に放っておいたら春一番に花が咲くヨ」と言って置いて行ったのである。

庭の片隅に置いていて、すっかり忘れていたが、今日咲きかけの福寿草を見つけて玄関に取り込んだ。外は霙である。冬空に福寿草が咲こうとしているのを見ると、もう春がそこに来ているのだろう。
c0113928_19461537.jpg

c0113928_1946342.jpg

それでも被災地は春どころではない。
東日本大震災の悲惨な状況の報道をみると、改めて未曾有の大惨事であったことを実感する。二次・三次の災害も懸念されて、しかも余震とは思えないほどの大きな揺れも予測されている。原発への影響も深刻である。

仙台からのメールで、今日電気が通ったことを知った。
水道もガスもまだ回復していない。僅かの水でカップラーメンを食べているらしい。

酒田でもガソリンや石油が底をついて、スーパーにも保存食の食品は見当たらないくらいである。
今日、酒田港に北海道からのタンカーが入港した。それでも、そのほとんどの石油やガソリンは被災地に近い県境が優先されるらしい。
被災地の漁港は世界でも有数の漁獲量で、我々の食卓にもこの漁場から入荷した魚があがる。それも途絶えている。
それでも、そんなことは被災者の苦難を思えばどうと言うことではない。
山形県では、福島からの避難者受け入れ策も講じた。

そんな中、また寒波がやって来て雪をもたらした。
被災地の辛さを思うと、何と非情な!と思わずにいられない。
着の身着のままで逃げだしたのだから、防寒着なども不十分だろう。
何はともあれ、緊張感のある対応をして一刻も早い救済と支援に向けていかなければならない。
長引けば、衛生面の懸念も重なるだろう。

東北でも計画停電が実施される。
全ての国民が1人1人節電をしたら、随分とカバー出来るのではないだろうかとも思うのだが。。。。天皇陛下も真っ先に節電を開始したと報じていた。
我が家でもコンセントを抜いたり、治療室の8基ある螢光燈を3基消した。
不必要な時間は消灯にした。暖房の温度設定も2度下げた。
出来ることを1人1人が実施したら、大きな節電になる。
ネオンや明るすぎる街灯も考えてもいい。

そう思いながらも、被災地に春は何時やって来るのだろう、と思わずにいられない。
[PR]
by m_chiro | 2011-03-15 19:42 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/16058538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tenorsaxt at 2011-03-17 19:20
電話が通じなくて心配していました。ご無事のようで何よりです。
しばらくは不自由な生活が続くでしょうが、被災者のことを考えると、なんと贅沢なことでしょう。
九州もまだ寒いですが、ストーブを終います。
新燃岳や桜島の降灰もなんのその・・です。
Commented by m_chiro at 2011-03-18 12:24
有難うございました。
先生のブログ名が変わったのですね。先生らしい着想で、また楽しみに読ませていただきます。

桜島も大変でしたね。
お互い頑張って行きまっしょい!
<< 「週刊現代」で酒田を紹介 記事の訂正 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索